SQLSTATE[HY000]: General error: 1021 Disk full (/tmp/#sql_56d7_0.MAI); waiting for someone to free some space... (errno: 28 "No space left on device")

撮影ロケ地

オーストリアでのアクションスポーツ撮影

理想的なロケ地、経験豊富なタレント、整ったインフラ

大自然の中でのアクションスポーツの撮影を行いたい場合、撮影プロダクションにとってオーストリアは最高の場所だと言えるでしょう。恵まれた地理的要因からもここは非常に特別な土地で、あらゆる種類のスポーツや極限スポーツをすることができます。


オーストリア人は彼らを取り囲むアルプスと強いつながりがあり、積極的に様々なスポーツに挑戦しています。 このため、オーストリアにはプロの極限スポーツマン達の大規模なコミュニティのほか、大自然の中に人工的に開発された多くのスポーツパークがあり、より安全な状態でスポーツを楽しむことが出来るようになっています。そのためこのようなスポーツシーンの撮影には非常に精通しており、プロダクションの得意とするところとなっています。


アルプスの風景はただただ美しく、大自然と澄んだ空気は撮影するのには最適な環境です。近年の他の多くの国とは対照的に、オーストリアでは環境保全のおかげで大気汚染物質の排出量は減少しており、そのため澄んだ青い空を背景にスカイスポーツの撮影をすることができます。

大自然の中でのアクションスポーツの撮影を行いたい場合、撮影プロダクションにとってオーストリアは最高の場所だと言えるでしょう。恵まれた地理的要因からもここは非常に特別な土地で、あらゆる種類のスポーツや極限スポーツをすることができます。


オーストリア人は彼らを取り囲むアルプスと強いつながりがあり、積極的に様々なスポーツに挑戦しています。 このため、オーストリアにはプロの極限スポーツマン達の大規模なコミュニティのほか、大自然の中に人工的に開発された多くのスポーツパークがあり、より安全な状態でスポーツを楽しむことが出来るようになっています。そのためこのようなスポーツシーンの撮影には非常に精通しており、プロダクションの得意とするところとなっています。


アルプスの風景はただただ美しく、大自然と澄んだ空気は撮影するのには最適な環境です。近年の他の多くの国とは対照的に、オーストリアでは環境保全のおかげで大気汚染物質の排出量は減少しており、そのため澄んだ青い空を背景にスカイスポーツの撮影をすることができます。

 

極限スポーツを楽しむ人々は、心理学者によると一般的に若々しく挑戦的であり、創造性と個性に富んでいると言われていますが、このことはオーストリア人についてもかなり当てはまっています。オーストリアのスポーツは、一部の人々の娯楽ではなく、社会全体の重要な文化の一部となっています。彼らと自然とのつながりは強く、環境を保全し育成することにも力を入れており、そのことが国民の健康と活力にも繋がっています。


ある調査によると、オーストリア人の半数以上がスキーを楽しんでおり、40%が少なくとも週に1回は何らかのスポーツを嗜んでいるそうで、スポーツが国民の生活に根付いていることがよく分かります。

オーストリアのスクリーンの中の才能とロケ地

オーストリアは豊かな経済のおかげで国のインフラが非常に整っており、スポーツ愛好家だけでなく、プロダクションもアルプスのあらゆる場所に簡単に辿り着くことが出来ます。また、この国では厳しい環境や状況を安全かつ効率的に遂行出来る特別なスキルを持ったタレントや、あらゆる設備を備えた経験豊富な現地スタッフを派遣することができます。地理的要因や変わりやすい気候のため、必要な装備や衣服に精通している地元のクルーに頼ることが不可欠です。ここでは経験豊かな人だけが急速に変化する天候の危険を察知することができます。スポーツシーンを撮影するとき、彼らのノウハウは準備段階から不可欠なものになります。

オーストリアは極限スポーツの撮影に関して長い歴史を持っています;「Fire&Ice」や「XXX」、「Attention - A Life in Extremes」、また「ハートブルー」の2015年のリメイク版やジェームズ・ボンドシリーズでの様々なシーンはアルプスで撮影されました。これらの映画によって、オーストリアがいかに自然に恵まれていてスポーツシーンの撮影にに理想的であるかを見ることが出来ます。

Austria, Tyrol, Zillertal, Wedelhütte オーストリア:どんな高さの山にまで行き届く整ったインフラ

オーストリアでの撮影の大きな利点は、国土が比較的小さく、インフラが隅々まで整っているおかげで、隠れた秘境までも簡単かつ短い時間でアクセスできることです。国は南北におよそ250km、東西は524kmの長さしかありません。オーストリアの財政は観光に大きく依存しているため、このような交通の便の良さは国にとって重要になってきます。そのため、どの目的地にも簡単に到達出来ることが保証されているのです。また、ここには高度に訓練された経験豊富なレスキューチームがあります。ヘリコプターで迅速に現場に到着し、雪崩、暴風雨、森林火災などの緊急事態の際に、最高レベルの救急センターや病院の専門医に最速で患者を搬送することが出来ます。

ロッククライミング

チロル地方には何百もの3000メートル級の山や、何千ものロッククライミングルート、3000種のスポーツクライミングルートを持っているため、ロッククライマーたちにとって理想的な場所です。その変化に富んだ山肌は、クライマー達にとって忘れられない鮮やかな思い出を残すことでしょう。


これらの風光明媚なリゾート地は、理想的な岩壁や棚板、その他にも様々な変化に富んだ地形によって、初心者から世界的なプロまで満足出来る場所となっており、新たなルートも次々と開発されています。


タンハイマー・タルはチロル地方の渓谷で、ロッククライミングの長い歴史があり、最初のルートは100年以上前に開かれました。ヨーロッパ生まれの新感覚山遊びの「ヴィア・フェラータ」の3つのコースや、100以上のクライミングコース、マルチピッチクライミングコースなど、多くの種類を体験することが出来ます。

クライミングパーク

国内でも有数の絶景を望むことができるエッツタールの中心部にあるLängenfeldでは飛行機に乗ることもできます。これはチロルで初の遊覧飛行で、空から手付かずの渓谷や荒々しい岩、深い森、美しいアルプスのパノラマを見ることが出来ます。


チロルのStubai渓谷には8本の登山ルートがあり、ジップライン、スイング・ステップ、木々の間の18メートルの高さに設置されたサスペンション・ブリッジなどを備えたアドベンチャー・パークがあります。

Panorama Ötztal, Tirol Ötztalのパノラマ

フリーライドとマウンテンバイク

オーストリアは様々な自転車のスポーツにも最適な場所で、特にここにはヨーロッパで最も有名なサイクリングルートの1つ、「ドナウの小径」があります。忘れてはならないもう1つのルートは、長さ1000kmの最長のバイク・トレイルであるバイク・トレイル・チロルです。


ケイビングやモトクロス、クロスバギー、サマートボガン、トライアスロン、スケートボードなどの夏のスポーツのロケをお考えなら、私たちがヒントやその他の便利な情報をお伝えすることが出来ます。

Vimeo アルプスでのサイクリング体験

スキー

山に恵まれたオーストリアではスキーが最もポピュラーなスポーツとなっており、スノーボードやスキージャンプなども人気があります。


整ったインフラと素晴らしい景色によって、オーストリアは観光客にとってだけでなくスキー愛好家に人気のリゾート地であり、映画や写真撮影にも最高の場所です。アルプスの氷河は万年雪をたたえているため、スノースポーツを一年中楽しむことが出来ます。他のヨーロッパの人工的なリゾート地とは異なり、オーストリアでは古い伝統ある村の宿泊施設の外観はそのままに最新設備にリニューアルし、最高のサービスを提供しています。このようなリゾート地は主にチロル地域とザルツブルグ周辺、そしてヨーロッパの最も雪の多い地域の1つであるアールベルク地方(St.Anton-Zürs-Lech)にあります。

ヨーロッパの中でも最高のスキーリゾートで知られるSt. Antonへは、周辺にある3つの空港から2時間以内でアクセスでき、電車でも中心部まで行くことが出来ます。


およそ100もの5つ星と4つ星のホテルが建ち並ぶこの地域の中でも、LechとZürsは、王族や有名人が滞在することでも有名なリゾートホテルです。この高級スキーリゾートはオーストリアで唯一、ヘリボーディング、つまりヘリコプターで山頂まで行き、新雪をスノーボードで滑り降りることが出来る場所です。


その他の特筆すべき場所は、インスブルックで最も高い3029mのStubai-Hintertux氷河の地域です。 ここでは1年中スキーを楽しむことができますが、大勢の観光客が押しかけることが問題になっています。広いなだらかなゲレンデと華麗なハーフパイプ、そしてフリーライダーにぴったりなゲレンデ外のルートも備えています。


スキー場は撮影の経験が豊富なため、安全な設備やセキュリティが十分に備えられています。

スノーボード

ヨーロッパのスノーボードの中心地はオーストリアだと言われています。良心的な価格、最高の設備、交通の便の良さなどの観点からもオーストリアアルプスはフランス側よりも魅力的と言えるでしょう。ここではまた、古い伝統的な外観を残したまま最新の設備にリニューアルされた村や町で質の高いサービスを受けることが出来ます。チロルは、ヨーロッパで最も重要な「Air and Style」や「Lord of the Boards」、「Brit Games」などのスノーボードイベントの本拠地であるため、「アルプスの中心」と呼ばれているのも納得できるでしょう。


Nordpark-Seegrubeリゾートはインスブルックの山上にあり、「スノーボードのメッカ」と呼ばれています。このタイトルは、その約120メートルのスーパーパイプとその急斜面の部分につけられたものです。


しかしながら、フリーライダーやスキー愛好家が一番素晴らしいゲレンデを選ぶとしたら、間違いなくアールベルグ地方にあるSt. Antonでしょう。

スノーボードのロケにパーフェクトな場所

青いゲレンデ  - 初級
幅の広い斜面には、最大25%の傾斜があり、きれいに整備されています。

赤いゲレンデ  - 中級
25%から40%の傾斜の広い斜面はきれいに整備されています。これらが最も一般的なタイプです。

黒いゲレンデ  - 上級
斜面が急で狭く、困難なコース。

黒いゲレンデと赤いゲレンデが多数あるスキーリゾート

Ski Arlberg - Tyrol  - オーストリア最大のインターコネクトシステム
標高:1270 - 2811m
標高差:1541m
コース:黒51km赤123km青131km
リフトの数: 41

Ischgl
標高:1377 - 2872m
Elevation difference: 1495m
コース:黒49km赤142km青47km
リフトの数: 41

SkiWelt Wilder Kaiser-Brixental
標高:620 - 1957m
標高差:1337m
コース:黒33km赤129km青122km
リフトの数: 90

Mayrhofen - Zillertal
標高:630 - 2500m
標高差:1870m
コース:黒30km赤66km青40km
リフトの数: 44

有名な上級者向けスキースロープ

Harakiri - オーストリアの最も急なスキースロープ
場所:チロル地方Mayrhofen
勾配:平均 78%
長さ:1,2 km
標高差:376m
最高地点: 2081m

Gamsleiten 2
場所:ザルツブルグ Obertauern
勾配:一部で100%
長さ: 1km
標高差: 362m
最高地点: 2313m

Streif
場所:チロル地方 Kitzbühel
勾配: 27-85%
長さ: 3,3 km
標高差: 860m
最高地点: 1666m

中級コースが多いスキーリゾート

Obertauern
標高: 1630 - 2313m
標高差: 683
コース:黒4km赤35km青61km
リフトの数: 26

Silvretta Montafon
標高: 700 - 2430m
標高差: 1730m
コース:黒8km赤45km青60km
リフトの数: 37

トボガン

トボガンとはソリなどで斜面を滑走するスポーツで、地元の人々や観光客に愛されている最も人気のあるウィンタースポーツのひとつです。 他のウィンタースポーツよりも安全でリラックスして遊べるので、スキーの後に家族と一緒に楽しむのに理想的です。特に、夜には照明でライトアップされ、幻想的な雰囲気になります。


たとえば、Matrei am BrennerにあるMaria Waldrastのトボガンのトラックなどは、素晴らしいスポーツシーンを撮るのに理想的です。そこは3.5キロもの長さがあり、標高は500メートル、エキサイティングな数々のコーナーがあり、午後11時まで照明が点いています。NeustiftにあるElferliftsトラックは、全長がほぼ6.5キロもあることで有名です。

Youtube オーストリアのチューブレース

スノーチューブは同じように斜面を滑り降りるスポーツですが、使う乗り物はスノーチューブと呼ばれる大きなプラスチック製の浮き輪のようなものです。これは雪との摩擦が非常に少ないため、時速40kmものスピードで滑り降りることができ、スリルを味わうことが出来ます。波うつ斜面やジャンプは滑り降りる際に障害になりますが、このスポーツのコースは、特にこれらの危険を最小限に抑えるために整備されています。

アイスクライミング

アイスクライミングとは、凍った滝や沢などの氷壁をアイスピッケルやロープなどを使って登るスポーツです。チロルにはこのようなクライミングスポットが多数あり、このスポーツをやるのに理想的な場所です。氷の状態が予測できないこともあり、非常に危険なスポーツと言えます。そのため、経験豊富な現地の専門家の同行が必須となります。

Ice climbing Johnstons Canyon Upper falls Alberta Canada December 2014

スノーカート

スロープを激しく滑り落り、アドレナリンで満ちた気分にさせてくれるのはスノーカートです。普通のカートと同様にスノーカートは運転しやすいので、スキーを一から習得することよりも、スノーカートで滑る方が簡単です。安全に運転するため、スノーカートには2つのフットブレーキと1つのアイスブレーキがついています。 スノーカートを楽しむための最高のコースについては私たちにお尋ねください。

スキージャンプ

映画「イーグル・ジャンプ」(2016年)は、1988年にカルガリーで開催された冬季オリンピックにイギリス代表で参加したスキージャンパー、エディ・エドワーズ(タロン・エガートン主演)の半生を実話に基づいて描いたものです。この映画の製作にあたって、チロル地方のインスブルックとゼーフェルトにあるスキージャンプ台を使用しました。

Youtube 「イーグル・ジャンプ」のトレーラー

インスブルックの高台にあるベルクイーゼルスキージャンプ競技場は、2002年にイラク・英国出身のスター建築家ザハ・ハディッドがデザインしたもので、彫刻のようなランドマークが特徴的な美しいジャンプ台です。


スキージャンプワールドカップの一環として、フォーヒルズトーナメントが毎年オーストリアとドイツで開催されています。競技はオーストリアの二箇所と、ドイツの二箇所のスキージャンプ競技場で行われます。 オーストリアではチロル地方の中心に位置するインスブルックと、ザルツブルクのBischofshofenにあります。最終ステージはBischofshofenのSkiclub Bischofshofenによって主催されています。競技はクリスマスの後に始まり、「三人の王の日」(クリスマスの12日後)までに終わります。

スノーカイト

新しいスポーツ、スノーカイトはカイトボーディングの雪上版で、風に乗って斜面を滑り降りるエキサイティングなものです。慎重に設計されたカイトで様々なパフォーマンスをすることができ、風を上手く操って体を宙に浮かせたり、大きくジャンプしたりして、美しいパノラマを背景にスリルを楽しむことが出来ます。


このスポーツは、主にモンゼー地方の近くにあるThalgauで盛んです。なぜなら、スノーカイトのワールドカップを主催するスノーカイトスクールの本拠地だからです。12月中旬から3月中旬にかけて、900mのスノーカイトのコースでこのスポーツを体験することが出来ます。特に優れた風況を持つAchenseeやThalgau、Obertauern、Zell am See-Kaprunは、スノーカイトを愛する人々にとっての理想の場所です。

バンジージャンプ ​​​​​

インスブルックの192mの高さのヨーロッパ橋(Europabrücke)は、オーストリアとイタリアを結ぶアルプスのブレンナー峠にあり、Wipp渓谷にかかるこの橋はヨーロッパで最大のバンジージャンプ・ステーションを誇っています。壮大なアルプスを背景に飛び降りることが出来ることで大変人気があります。


オーストリアで最も高いダムの壁はケルンテン州にあるKolnbreinダム(Kölnbreinsperre)で、堤高が200mあります。1978年のグレゴリー・ペック主演の映画「ブラジルから来た少年」で、ブラジル出身の男の子たちが奇跡的なバンジージャンプをした舞台となりました。169mの高さからのジャンプは世界で最も高いバンジージャンプの一つです。

Youtube バンジージャンプ体験

ダニューブタワーでは、驚くことに首都ウィーンのど真ん中でバンジージャンプを体験できます。オーストリアの人工建造物で最も高い 252メートルの高さを誇り、また世界で最も高い75の塔の一つです。飛び降り台は地面から152メートル上にあり、ジャンパーは街全体の美しいパノラマと80キロ内の全ての景色を見渡すことが出来ます。


他にも特筆すべき場所は、ケルンテン州にあるヨーロッパで最も高い列車橋であるJauntal橋と、壮大な渓谷PitzenklammのにかかるBenni-Raich橋です。

バンジージャンプのロケ地

Staudamm Klaus、オーストリア(50m)

Benni-Raich橋、ピッツァル(94m)

Jauntal橋、ケルンテン (96m​)

Lingenau橋、ヴォラルベルグ(106m)

ダニューブタワー、ウィーン (152m)

ヨーロッパブリッジ、インスブルック(192m)

パラグライダーとハンググライダー

パラグライダーとハンググライダーはアルプスの景色を鳥の目線で見ることができるパーフェクトな方法です。例えば、チロル州には絶景のパラグライダーの発着場が多くあります。その中でもZillertalとWildschönauが最も人気があります。

I believe I can fly

国内にはパラグライダースポットが数多くあり、そのほとんどがチロル地方にありますが、ザルツブルグ、フォルラルベルグ、シュタイアーマルクでも見つけることができます。2010年、パラグライダーの最も権威のある大会であるヨーロッパパラグライダー選手権がザルツブルクのアブトナウで開催され、33カ国が勝利を競い合いました。

パラシュートとスカイダイビング

オーストリア人のFelix Baumgartnerはスカイダイビングで地上39000メートルから飛び降りた世界記録を持っています。音速を超える人類初のフリーフォールは時速1342キロにも達しました。


スカイダイビングは非日常的な経験です。雪に覆われたアルプスの上空6400メートル上の小さな飛行機に乗っていると想像してください。ドアが開くとあなたは空に向かって羽ばたき、かつて感じたことがない爽快感を味わうことができるでしょう。


チロルのラドフェルドという村の近くには小さな空港があるので、アルプスでスカイダイビングをするのに非常に便利な場所です。


首都のウィーンからわずか40キロの場所には、LOXN空港と呼ばれているFlugplatz Wiener Neustadt Westがあり、3月下旬から11月1日にかけてスカイダイビングを楽しむことができます。LOXN空港は、格納庫にダイビングに必要なすべての装備を備えているヨーロッパ最古で最大の軍事空港です。小型カメラを飛行機やヘルメットに取り付けることが出来、素晴らしい空からの映像を撮影することができます。

Youtube チロルのÖtztalでのアドベンチャー

ラフティング


オーストリアにはラフティングに最適な場所が豊富にあります。例えば、チロルには120キロ以上の長さの川があり、バラエティに富んだラフティングのコースがあります。イン川の易しいコースやÖtztalerund Zillertaler 川の急流のコースまで様々です。西チロルのIselschlucht 渓谷には激流があり、スリリングな経験をするのにもってこいの場所です。チロルでは30人以上の免許を持つラフティングのアウトフィッターがいます。アウトフィッターはラフティングを安全に楽しく経験するためのインストラクターとしてだけではなく、映画撮影などにも喜んで協力しています。数ある中でも素晴らしい場所は、ヨーロッパで最も人気があるラフティングコースの1つ、Imster Schlucht峡谷です。また、ザルツァッハ川ではグロスグロクナー氷河から溶け出す水が激流を作り出し、非常にエキサイティングなラフティングを体験することができます。

Youtube ラフティング

キャニオニング

キャニオニングとは、自然を感じながら川や沢の流れとともに様々なテクニックを使いながら渓谷を下るスポーツです。岩が水に削られて出来た天然のウォータースライダーを滑り降りたり、16メートルの高さから思いきり飛び込んだり、大自然との一体感とスリルを味わうことができ、Özzalの夏のウォータースポーツの代表格となっています。ここでは経験豊富なガイドが安全で最適なルートを案内してくれます。ヘルメットに防水(360度撮影可能)のカメラを装着することで、素晴らしい映像を記録することができます。

Youtube キャニオニング

手つかずの自然の中でも、アウエルクラム峡谷はヨーロッパでも最も手軽にキャニオニングを体験できる場所のひとつで、川を滑り降りたり滝のスリルを味わったり、あらゆる年代の人々が楽しんでいます。

カヤック

ユニークなウォータースポーツで冒険をしてみたい方にはÖtztalの谷(5月から10月の間)をお勧めします! 渓谷まではRofen Ache、Venter Ache、Ötztaler Acheなどの川を経由して行くことができます。周辺には数多くのカヤッククラブやカヤックの学校があります。ここのメンバーはこのスポーツの専門家で、ほぼ毎日カヤックをしているので、川の流れや水位を完全に把握しています。Ötz渓谷の川は、その美しさと野生動物が豊富なことから有名です。そのため、ここでは多くの大会が開催されています。シックラインエクストリームカヤック世界選手権は、毎年Ötz川のWellerbrücke地域で開催されています。参加者は熟練した大人のカヤッカーに限られています。この地域はインフラも整っており、多くのレストランやホテルもあるので、映画のクルーがここで撮影をするのにとても良い環境です。

国際河川難易度スケール(WW)

レベルI: 簡単で明瞭な視界、一定の流れや波、小さな急流と簡単な障害物

レベルII適度に難しいが自由に前進できる、不規則な流れや波、時折急流とマイルドな渦潮、簡単な障害物、小さな段差。例えばHinterautalのObere Isar川、水深180センチ

レベルIII: 視界は明瞭だが難しい、高く不規則な波、より速い流れ、急な渦潮、段差、障害物など。例えばイン川のイムスター・シュルヒットセクション、水深200センチ

レベルIV: 非常に困難、進路は明瞭だがスカウティング(事前の偵察)が必要、一定の急流と流れ、避けなければならない障害物を伴う強い渦巻き。ÖtztalerAcheのTumpen、水深120センチ

レベルV: 特にハード、スカウティングが不可欠、極端な急流、電流、渦潮、狭い穴、ハードな出入り口の高低差。Tarasp、水深110センチ

レベルVIまっすぐに下れるかどうかギリギリで、高度のリスクを伴う。特定の水位でのみ前進が可能。Ötz川、LängenfeldとUmhausenの間、水深120センチ

峡谷や野生の川に彩られた冒険は、この自然豊かな地域の岸辺を舞台に、ラフティングのファンや映画や写真撮影に素晴らしい経験となるでしょう。

カヤックの撮影可能なロケ地

Mürz川
Freinセクション:全長2,5キロ、レベルII-III+
Mürzstegセクション: 全長9キロ、レベルI-II

イン川
Imster Schlucht セクション、全長14 キロ、レベル(水深による)II-IIIからIII-IVまで

Ötzaler Ache
オープンセクションではレベルIII、流 れが速いところではレベルVI

ウィンドサーフィンとカイトサーフィン

オーストリアの美しい山や湖、リゾート地は、ウォータースポーツ愛好家にとって最高の場所です。特にNeusiedl湖とAchensee湖は、山から吹き下ろす風のおかげでウィンドサーフィンやカイトサーフィンに最適です。これらのスポーツは美しいアルプスの湖の景観を堪能することができます。近隣の湖には数多くのセーリングスクールがあり、観光客や映画制作のクルーのためのワークショップや設備のレンタルも行っています。

Youtube オーストリアでのウィンドサーフィン

ウェイクボード

ウェイクボードとは、ウォータースキーとサーフィンを組み合わせたもの、1980年代に始まりました。今日では、真っ白な雪をたたえるアルプス山脈を背景にできる非常人気のあるアドベンチャースポーツになっています。アッパーオーストリアとシュタイアーマルク州では多くのトーイングコースがありますが、他の地域ではボートで引くウェイクボードの方が普及しています。


ウェイクボーダーたちは、オーストリアのリンツで毎年行われるRed Bull Wake of Steelウェイクボード競技会でお互いの技を競い合っています。この2日間のイベントは、最も人気のある国際ウェイクボード大会の1つです。ここのコースは最も経験豊かなウェイクボーダーにとっても挑戦的です。最も高いジャンプは水面より4,5メートルも舞い上がります。

Youtube レッドブルウェイクボード競技会

美しい背景をバックに撮影するスポーツシーンなら、オーストリアで理想的に実現することができます。オーストリアでの撮影は楽しいだけではなく、小さい国土に詰まったあらゆる自然、素晴らしい才能を持った人々、整ったインフラなどあらゆる利点があります。手付かずの自然や経験豊富な地元の専門家のアドバイスで、あなたの仕事が完璧に進むことを保証します。

ダウンロード中です
Zipで保存しました