SQLSTATE[HY000]: General error: 1021 Disk full (/tmp/#sql_56d7_0.MAI); waiting for someone to free some space... (errno: 28 "No space left on device")

ハンガリーでの撮影

ブダペストの撮影スタッフ

ハンガリーの撮影スタッフの規制と労働条件

近年ハンガリーで国際的な映画がますます多く撮影されていることや、国内で映画制作の教育が発展していることなどから、ハンガリーには多くの優秀な撮影スタッフがいます。2016年から2018年の3年連続で映画産業の年間支出が3億ユーロを超え、その80%がハンガリー人の多くの専門家を雇用した外国の映画の制作によるものです。このことがこの国の映画産業の発展を物語っています。スタッフの選択は映画制作にとって非常に重要です。ここでは撮影監督、照明監督、カメラマン、スタントマン、セットデザイナー、メイクアップアーティスト、プロップマスター、特殊効果の専門家など、ブダペストで長年の経験を持ち、難なく多言語環境で作業できるスタッフを簡単に見つけることができます 。


ハンガリー最大の映画組織であるハンガリー国立映画基金は、制作アシスタント、脚本監督、DIT(デジタル・イメージング・テクニシャン)、小道具、フォーカスプーラー、 ユニットマネージャーなどの幅広い分野のトレーニングを行なっており、高い技術を身につけたスタッフを現場に送り出すことに力を入れています。近年、国内での映画産業が盛んになってきていることから、現場では十分な教育を受けた専門家が不足しており、非常に需要が高くなっています。ここでは長編映画のセットなどを使って行われる実践的なコースや、専門家が更に最新の知識や技術を学べるコースなどを受講できます。今日では、映画業界のニーズに適切に応じられるシステムに発展し、雇用市場の変化にも迅速に対応できるようになりました。

近年ハンガリーで国際的な映画がますます多く撮影されていることや、国内で映画制作の教育が発展していることなどから、ハンガリーには多くの優秀な撮影スタッフがいます。2016年から2018年の3年連続で映画産業の年間支出が3億ユーロを超え、その80%がハンガリー人の多くの専門家を雇用した外国の映画の制作によるものです。このことがこの国の映画産業の発展を物語っています。スタッフの選択は映画制作にとって非常に重要です。ここでは撮影監督、照明監督、カメラマン、スタントマン、セットデザイナー、メイクアップアーティスト、プロップマスター、特殊効果の専門家など、ブダペストで長年の経験を持ち、難なく多言語環境で作業できるスタッフを簡単に見つけることができます 。


ハンガリー最大の映画組織であるハンガリー国立映画基金は、制作アシスタント、脚本監督、DIT(デジタル・イメージング・テクニシャン)、小道具、フォーカスプーラー、 ユニットマネージャーなどの幅広い分野のトレーニングを行なっており、高い技術を身につけたスタッフを現場に送り出すことに力を入れています。近年、国内での映画産業が盛んになってきていることから、現場では十分な教育を受けた専門家が不足しており、非常に需要が高くなっています。ここでは長編映画のセットなどを使って行われる実践的なコースや、専門家が更に最新の知識や技術を学べるコースなどを受講できます。今日では、映画業界のニーズに適切に応じられるシステムに発展し、雇用市場の変化にも迅速に対応できるようになりました。

Youtube ターミネーター: ハンガリーでの撮影シーン

労働条件

ハンガリーのスタッフの雇用条件は、映画制作などに特に適しています。一週間の労働日数は6日間で、就業日には通常1時間の昼休みを含む12時間の固定日給があります。残業代は2時間ごとにのみ加算されます。就業日と就業日の間には、スタッフには少なくとも11時間の休息を与えなければならず、これが満たされない場合、休んだ時間はその日の残業として補償されなければなりません。

これは強調すべきことですが、国内には制作スタッフの正式な労働組合がないため、雇用する側の利点が多くあります。たとえば、スタッフの大半が自営業となるため、医療、福祉、年金などの多くの費用は国が賄うことになります。また、雇用を大幅に少ない条件で管理でき、より柔軟なスケジュールや賃金など、独自のニーズによる交渉が簡単になります。

カメラマン

ハンガリーでは、映画の撮影技術は映画芸術大学で学ぶことが出来ます。学士号と修士号を取得している間も、学生は撮影技師やカメラクルーのメンバーとして、国内海外の映画制作の活動を始めます。学生たちは一般に学生映画の制作を経て、カメラアシスタントとなり、その後プロのカメラマンとなります。

Youtube プロデューサーが語るハンガリーでの映画撮影

ハンガリーの市場の強みは、経験豊富なカメラアシスタントが多くいることです。他の多くの国でカメラアシスタントであることは次のステップへの途中経過にすぎないと見られているのに対し、ハンガリーでは何十年もそれを専門の職業としている人々がいるためです。彼らは年間最大200〜250日をも映画制作に費やしており、非常に経験豊富です。

さらに、ハンガリーの映画産業がこれほど繁栄している理由として、映画制作に必要なすべての技術機器がブダペストで利用できることが挙げられます。また、最新機器もすぐに取り入れられるため、カメラクルーは常に最先端の技術機器を使用しています。

照明技術者と機材スタッフ

ハンガリーには数々の有名な映画で活躍した経験豊富な照明技術者がたくさんおり、更にコマーシャルや写真撮影を専門としている人々もいます。


長い間、機材スタッフは照明技術者や照明チームによってまかなわれていましたが、今日のハンガリーではこれらは独立した仕事となっており、アメリカやイギリスの撮影現場の役割とは多少異なります。主な仕事はカメラの動きのアシストやその他の特殊機材の設置などです。その他はすべて照明技術者の担当となっています。

Youtube ハンガリー: ハリウッドの夢が実現する場所

ハンガリーで機材スタッフが独立した仕事となったことで、カメラをスムーズに動かすための特別な機器の知識が深められ、これらに適した技術者を見つけ、調整することができるようになりました。通常は台車またはスライダーなどの機器を使用しますが、ハンガリーでは、伸縮式クレーン、モジュラークレーン、ジブアーム、様々なタイプのリモートヘッド、ケーブルカムまたはロシア製のアーム(クアッドのミニアームや大型トレーラー)など、あらゆる種類の機材を使いこなすスタッフがいます。今日では、これらの機器はすべて国内で入手可能であり、妥協することなく最高水準の機材を選ぶことが出来ます。

美術スタッフ

この分野では大学教育も重要になってきます。たとえば、モホイナジ芸術工科大学の建築デザイン修士課程では、在学中に映画制作の専門知識を身につけることができます。卒業するために少なくとも1つの語学試験を取得することが義務付けられているので、英語での仕事も問題なくこなすことが出来ます。映画業界は大学に協力し、国際的な商業および映画制作の世界に関連する専門的な経験を迅速に提供しています。彼らは、プロダクションデザイナーまたはアートディレクターになるための業界のはしごを上る旅を始めることができます。国際的なプロダクションの厳しいスケジュールは、彼らに大きなプレッシャーと短い納期のもとで正確に仕事をするプロになるための大きな機会を与えてくれます。これにより、国際的なプロダクションのデザイナー作品を支援する地元のアートディレクター、またはプロダクションのアート部門全体をリードする人などのあらゆる分野において、長年の経験を持つ訓練された専門家を見つけることができます。


さらに、大規模な国際的な映画制作により、芸術部門も常に発展しています。たとえば、「ブレードランナー2049」は2017年に制作されましたが、ハンガリーの特別なセットで撮影されました。これらのセットは、設計と制作にハンガリー人が大きく関わっています。また、撮影に関してすべてのスケールのセットコンストラクターを見つけることができます。コマーシャル撮影のための小さなセットから、「オデッセイ」(2015年)や「ヘラクレス」(2015年)のような大規模なハリウッド映画の中の、集落や洞窟などの背景全体を構築したものまで様々です。

Youtube ブダペストで撮影した「オデッセイ」 

ハンガリーには長い歴史を持つ小道具や大道具のレンタル会社が多くあり、大小の作品の制作を支えています。映画産業がこれほど盛況なのは、これらの会社が持つ幅広い種類の在庫があることも大いに関係しているでしょう。撮影を終えた後、小道具の大部分はレンタル会社に回収され、将来また他の撮影にも利用されます。


レンタル会社の他に、当然、ハンガリーには特殊効果に特化した多数の会社もあります。爆発、火災、嵐や洪水などの効果はすべてハンガリーのSFX企業で利用可能なサービスですが、他にも人工雪や超現実的な人間や動物のダミーの作成などの追加サービスの専門家も簡単に見つけることができます。英国の特殊効果の大企業であるSnow Businessのハンガリーの公式パートナーは特殊効果の分野ではLátványtechnikaSFX、特別なダミーやマスクの製造の分野では長年の経験を持つFilmefexなどがあります。


映画産業の繁栄によるもう1つの効果は、ハンガリー国内の企業や商店が、映画制作のために臨時に協力し、手数料を受け取ることができることです。例えばブダペストのフラワーショップを例に挙げると、普段から長持ちする花輪やブーケなどを特別な技術で作って売っていますが、映画の撮影のためにこの方法でユニークな花飾りを作ったりしています。他にも家具店、アンティークショップ、衣料品店なども映画制作に協力しています。

スタントマン

ハンガリーのスタントマンの数と技術は誇れるものがあります。数々の世界的またはハンガリーの大ヒット映画の中でそのプロフェッショナリズムを見ることが出来ます。最近の例では、2004年の映画「トロイ」で、スタントチームの10%がハンガリー人で構成され、その中からブラッドピットの替え玉スタントマンが選ばれました。「ゲーム・オブ・スローンズ」と「スターウォーズ」も、ハンガリーの数多くのスタントでのサクセスストーリーの2つに挙げられます。ハンガリーで撮影された映画はたくさんありますが、たとえば、「レッド・スパロー」(2018年)や「オデッセイ」(2015年)では、地元のスタントマンを重要なシーンで採用していました。

Youtube 「ヘラクレス」の撮影の裏側

数多くのスタント専門家と彼らの最先端の専門知識は、90年代にハンガリーでこの分野が大きな支持を得たことによるものです。このおかげで、ハンガリーでは幅広いスキルを持つよく訓練されたスタントマンを雇うことが出来ます。フェンシング、接近戦、ジャンプ、ダイビングに加えて、ブダペストではより極端なスタントができるエキスパートを簡単に見つけることができます。爆発、カーチェイス、衝突、ダウンタウンのヘリコプターでのスタント、または中世の戦闘シーンなど、ハンガリーのスタントマンは、前述のような激しいシーンが豊富な「ダイ・ハード/ラスト・デイ」や2014年の映画「ヘラクレス」のような映画などで活躍しています。

動物トレーナー

ハンガリーには撮影のために動物を訓練する専門家もおり、犬や猫などはもちろん、オオカミやトナカイ、熊などの珍しい動物との撮影も可能です。



ハンガリーの動物トレーナーは、さまざまな動物の種類を扱うだけでなく、撮影中に安全かつ動物に優しい環境を整えることで、訓練された動物がセット内で安心できるようにします。これは、オオカミなど野生動物の撮影時に特に注意が必要です。いくつかの特別な予防措置を講じる必要がありますが、これらのトレーナーは、人と動物の間で快適で安全な作業を促進するための経験を積んでいます。


さらに、イヌやネコのような飼いならされた動物に関しては、一度に動員できる動物の数が重要になってくることがあります。たとえば、2014年の映画「ホワイトゴッド 少女と犬の狂詩曲」の撮影では、ハンガリーでは280匹もの犬を撮影に動員できました。これに加えて、前述した動物の多様性がこの市場を非常に強力なものにしているほか、象、アライグマ、トナカイ、オオヤマネコなどの他の多くの動物が、ハンガリーで撮影するプロダクションの選択肢を広げています。

ハンガリーの映画産業には数えきれないほどの利点があることは広く知られています。今まで述べたことから分かるように、現地で雇用可能なプロのスタッフは、ここで映画などを撮影するための重要な基盤であり、彼らは業界のプロから賞賛されています。「 バットマン・リターンズ」や「シザーハンズ」などの映画に以前携わったデニス・ディ・ノービは、ブダペストでの撮影中、「ハンガリーにはハリウッドと同じ専門知識を持つスタッフがいますが、ここで撮影する方がはるかに安い」と絶賛しました。これはハンガリーの映画産業市場の強みでもあり、専門知識と費用効率の相乗効果です。これにより、長編映画やコマーシャル撮影でハンガリーを選ばれるなら、撮影のあらゆる部分でハンガリー人のスタッフを信頼することが出来るでしょう。

ダウンロード中です
Zipで保存しました