最高のロケ地: オーストリア

パラヴィチーニ宮殿

ウィーンの中心部に位置するエレガントな宮殿

パラヴィチーニ宮殿は、18世紀末のオーストリアに建てられた豪華な宮殿です。ウィーンの中心部に位置し、正面には国立図書館、近くにはホーフブルク宮殿があります。この新古典主義様式の建物の外観は優雅でありつつも節度を保っていますが、バロック様式の内装は金の装飾が散りばめられた白い壁、巨大な水晶のシャンデリアそして多数の鏡によりこの上なく美しいです。当時の家具、上品な模様の壁紙そして美しい絨毯のおかげでこのロケ地は貴族の邸宅を舞台とするあらゆる時代のセットとして使用できるでしょう。この宮殿には舞踏室、サロン、大理石のホール、緑のツタに覆われた中庭など様々な種類の部屋が存在しています。特筆に価する珍しい事実は、この宮殿は今もパラヴィチーニ家によって所有されているということでしょう。彼らはこの宮殿の歴史的な部屋を修復管理しています。パラヴィチーニ家は1000年以上の歴史を誇る旧家です。彼らは、オーストリアとハンガリー両国から「辺境伯」の称号を得た唯一の貴族でもあります。

金の装飾が散りばめられた白い壁、巨大な水晶のシャンデリア、そして多数の鏡により彩られたバロック様式の内装は、この上なく美しいです
絵画、シャンデリアと緑の壁紙が組み合わせられたこのユニークな部屋は、「優雅さ」の概念を私たちに教えてくれるでしょう
当時の家具、上品な模様の壁紙、そして美しい絨毯により、このロケ地は貴族の邸宅を舞台とする、あらゆる時代のセットとして使用できるでしょう
大理石のホールは、18~19世紀の貴族が有した富の完璧な例だと言えるでしょう
この階段には手の込んだ錬鉄の手すりが付いており、また巨大で華やかな絨毯が敷かれています
この宮殿には、舞踏室、サロン、大理石のホールや緑のツタで覆われた中庭など、様々な部屋があります
この宮殿はウィーンの中心部に位置し、向かいには国立図書館があり、近くにはホーフブルク宮殿があります

この宮殿は過去と現在の映像制作者にとって人気のロケ地です。例えば、1949年の映画「第三の男」においてオーソン・ウェルズ演ずるハリー・ライムのアパルトマンとして使われました。64年後、2013年のイタリア映画「鑑定士と顔のない依頼人」もこの建物で撮影されました。

この最高のロケ地をシェアする