パリの雰囲気漂う石畳の通り

歴史あるアンドラーシ通りは、1896年にパリの有名なシャンゼリゼ通りのデザインに合わせて創られました。アンドラーシ通りの横道もまた美しいです。例えば、ハヨーシュ通りにはブダペストで最初のデザイナーショップが1890年代にオープンし、今日に至るまで芸術的な雰囲気を保持し続けています。周囲には、新古典主義様式やネオ・ルネッサンスの要素を用いた優雅なヨーロッパの建築様式による、100年以上の歴史を持つ3階から4階建ての古い住居が並んでいます。路面の石畳と建物の外観および美しい歌劇場の側面のユニークな構造物は、これらの狭い通りに魅力を与えています。

これらの通りは、スティーヴン・スピルバーグ監督の「ミュンヘン」においてローマとパリに見立ててシーン撮影が行われました
これらの狭い石畳の通りは、美しい歌劇場の外壁と共に特別な雰囲気を作り出しています
NBCのドラマシリーズの「ロイヤル・ペインズ/Royal Pains 〜救命医ハンク〜」のように、私たちProgressive Productionsが関わった作品のいくつかもここで撮影が行われました
ブダペストのこのエリアは19世紀のパリのスタイルに基づいて設計されました。
オペラ通り

ハヨーシュ通り、ダルシーンハーズ通りやラーザール通りはスティーヴン・スピルバーグ監督の「ミュンヘン」においてローマとパリの通りに見立ててシーン撮影が行われました。「ダイ・ハード/ラスト・デイ」の撮影も行われています。私たちProgressive Productionsも、Zerinol Gola のテレビCMNBCのドラマシリーズの「ロイヤル・ペインズ/Royal Pains 〜救命医ハンク〜」などの制作でこれらの雰囲気のある通りを撮影に使用しました。また、同地でスチール撮影(Braxのカタログ写真の撮影ルイフィリップのカタログ写真、そして雑誌Now Magazineのエディトリアル写真)のプロデュースも行いました。

この最高のロケ地をシェアする