SQLSTATE[HY000]: General error: 1021 Disk full (/tmp/#sql_56d7_0.MAI); waiting for someone to free some space... (errno: 28 "No space left on device")

ファッションと写真

世紀の変わり目のブダペスト

帝国の首都における建築と社会生活

19世紀の初め、ハンガリーはオーストリア=ハンガリー帝国という最大の君主制に属していました。1873年にドナウ川のほとりにあるペスト、ブダ、オーブダの3つの都市が併合され、首都のブダペストが誕生しました。帝国の東の首都として、産業革命によってもたらされた世界的な文化・経済の成長によって、ブダペストも急速に発展していきました。

19世紀の初め、ハンガリーはオーストリア=ハンガリー帝国という最大の君主制に属していました。1873年にドナウ川のほとりにあるペスト、ブダ、オーブダの3つの都市が併合され、首都のブダペストが誕生しました。帝国の東の首都として、産業革命によってもたらされた世界的な文化・経済の成長によって、ブダペストも急速に発展していきました。

1898年頃の鎖橋とブダペストの街の景色。鎖橋はドナウ川にかかった最初の常設橋で、この写真が撮られた時には既に50年が経過していました Photo: FORTEPAN / Budapest Főváros Levéltára HU.BFL.XV.19.d.1.07.106

偉大な建築家たちによって歴史に残る建物が次々と建てられました。これらの華やかな建築のデザインは、今日のブダペストの街並みを美しく彩っており、ブダペストが写真撮影において人気スポットになった理由です。代表的な建築は、ブダ側とペスト側を結ぶ古典建築様式の鎖橋や、完成当時にはヨーロッパで最も最先端の鉄道駅であったロマンチックな折衷様式のブダペスト東駅などがあります。またハンガリーは1896年に建国1000年を迎え、それを記念して首都に様々なデザインの建物が建築されました。英雄広場にある国立西洋美術館やその向かいにある現代美術館、そしてこの時代にブダの王宮も改築されました。

1898年頃のブダペストの大通りの賑やかな交差点 FORTEPAN / Budapest Főváros Levéltára HU.BFL.XV.19.d.1.08.146
1903年のブダペストバザールのアールヌーボースタイルの表紙。この雑誌には、当時の中央ヨーロッパを代表するファッションハウスであるアルター&キスのファッションイラストが掲載されていましたBudapesti Bazár XLIV (1904)/10.

ブダペストは1870年代から第二次世界大戦まで、ニューヨークカフェなどの歴史の古いカフェで、その時代の有名なアーティストが集まったりする、活気のあるカフェ文化と芸術的な生活で繁栄した大都市として知られていました。


彩のある社会生活の中でファッションも重要な役割を果たし、19世紀末にはブダペストはヨーロッパのファッション界の中心のひとつとなりました。1800年代の終わりまでに多くのファッション誌が発行され、その時代の有名なテイラーはパリやロンドンから生地を輸入し、ハンガリー、イギリス、フランスのトレンドを取り入れた最先端のファッションを生み出していました。

1900年頃のニューヨークカフェの内装。その時代カフェは芸術家たちにとって重要な役割を果たしていましたPhoto: FORTEPAN / Budapest Főváros Levéltára HU.BFL.XV.19.d.1.08.059

このような刺激的な雰囲気は、当時最もエキサイティングなメディアであった写真という分野で画期的なことを模索していたアーティストを含め、様々なクリエイティブな人々を魅了しました。このような環境が、ブダペストで多くの優れた写真家が誕生した理由であると思われます。

Youtube

ケルテスからキャパまで - 世界的に有名なハンガリー人のフォトグラファー

著名な美術写真家であり、先駆的なストリートカメラマンでもあるアンドレ・ケルテスは、ブダペストで生まれ31歳までここで働いていました。友人にはピカソやピエト・モンドリアン、シャガール、ハンガリー人フォトグラファーのブラッシャイなどがいました。ケルテスは卓越した感受性によって様々な作品を生み出し、写真家アンリ・カルティエ=ブレッソンなどにも影響を与えました。


最も偉大なフォトジャーナリストの一人であるロバート・キャパもブダペストで生まれ、20年にわたる戦争写真家としてのキャリアの中で、スペイン内戦、日中戦争、北アフリカ戦線、イタリア戦線、他にもノルマンディ上陸作戦や第一次中東戦争などを取材しました。

彼が最前線で撮った写真は主にライフ誌に掲載され、そのうちの一つは戦争写真史上最も有名です。キャパのモットーは、「写真が良くなければ、真実には近づけない」というものでした。そしてそのモットーを貫いたまま、1954年にインドシナ戦争で地雷を踏み、わずか40歳でこの世を去りました。

ハンガリー生まれの最も有名なファッションフォトグラファーはムンカーチ・マールトンです。彼はブダペストで活躍した後はドイツとニューヨークで仕事を続け、マレーネ・ディートリヒ、キャサリン・ヘプバーン、ルイ・アームストロングやフレッド・アステアなど時代のスターを撮影しました。彼の作品はハーパーズバザー誌やライフ誌に掲載されました。画期的だったのは - おそらく彼が初めてやった試みであろうと言われています - 、彼がモデルをスタジオから外に連れ出し、自然の環境の中で撮影したことです。そうしたことでダイナミックで示唆に富む視覚的な雰囲気を作り出すことに成功しました。彼のスタイルやファッション誌で現在も使用されているムーブメントは「ムンカーチ - ムーブメント」と呼ばれています。

ダウンロード中です
Zipで保存しました