SQLSTATE[HY000]: General error: 1021 Disk full (/tmp/#sql_56d7_0.MAI); waiting for someone to free some space... (errno: 28 "No space left on device")

オーストリアでの撮影

ウィーンの歴史的名所

ウィーンの中心部にあるロケ地を散歩してみましょう

Progressiveのチームは、ウィーンの中心部の歴史的名所での映画のロケ地をご案内したいと思います。これらの建物や広場は、人々がウィーンについて考える時に浮かぶ場所でしょう。ここはウィーンの最古の地区で、市内は昔は城壁に囲まれていました。そのためここは「インナーシュタット」または「インナーシティ」と呼ばれています。今では壁は取り壊されており、そこにはリングシュトラーセという環状線が作られました。ゴシック様式の教会や石畳の通り、古典主義の建物や鋳鉄製の橋など、7世紀にもわたる歴史を見ることができます。この地区の面積はわずか3平方キロメートルですが、これからご案内する場所はすべて、インナーシティ内やその周辺です。

Progressiveのチームは、ウィーンの中心部の歴史的名所での映画のロケ地をご案内したいと思います。これらの建物や広場は、人々がウィーンについて考える時に浮かぶ場所でしょう。ここはウィーンの最古の地区で、市内は昔は城壁に囲まれていました。そのためここは「インナーシュタット」または「インナーシティ」と呼ばれています。今では壁は取り壊されており、そこにはリングシュトラーセという環状線が作られました。ゴシック様式の教会や石畳の通り、古典主義の建物や鋳鉄製の橋など、7世紀にもわたる歴史を見ることができます。この地区の面積はわずか3平方キロメートルですが、これからご案内する場所はすべて、インナーシティ内やその周辺です。

最初のスポット:壮大な歴史的建造物

まずは市の主要な観光名所の一つであり、今まで数々のハリウッド映画にも登場したウィーン市庁舎から始めましょう。この建物の周辺は歴史が古く、公園にも面しているため、歴史物の撮影をするのに理想的な環境です。美しい装飾のアーチの下にはカフェテラスがあり、有名なウィーンのカフェ文化を象徴しています。ここはドキュメンタリーの撮影にも最適で、2019年には「Lieberman」も制作されました。

このエリアには壮大な建築が建ち並んでいます 
古い時代を連想させるアーケードは時代物の撮影に最適です
ヨーロッパのカフェ文化を代表するロケ地

2番目のスポット:由緒ある古いヨーロッパの通り

Löwelstrasseは歴史の古い大通りで、壮大な建物が建ち並んでいます。ここでの撮影は多くの場合、通りを閉鎖し、古い街灯を1、2本設置し、馬車を走らせるだけで、すぐさま18世紀にタイムスリップさせることが出来ます。2018年には1932年を時代背景としたオーストリアのドラマが撮影されました。

18世紀の美しい荘厳な建物

3番目のスポット:ゴシック様式の路地

角を曲がったところあるMinoriten広場は、おとぎ話に出てくるような古い小さな広場です。真ん中には13世紀に建てられたゴシック様式の教会があり、周囲にも歴史の古い建物が並んでいます。石畳が敷き詰められたこの場所は、アート部門が特別な仕事をしなくても、完璧な背景によって簡単に過去にタイムスリップさせてくれます。ここでは中世以降のヨーロッパのあらゆる時代にも設定できます。最近ではオーストリアのテレビシリーズで、19世紀後半のザッハーホテルとその周辺の生活がテーマの撮影が行われました。

完全に昔の趣を残した伝統ある通り
13世紀のゴシック様式の教会に続く石畳の道
何世紀もの時を経た美しい彫像やステンドグラス

4番目のスポット:オーストリア君主制の記念的広場

通りを二つほど歩くと、ウィーンを代表するミヒャエル広場があります。ここは以前は王宮でしたが、今はオーストリア大統領のオフィスとなっています。歴史ある教会に面して、王宮の正面玄関がそびえ立っています。太い

柱、鉄の門、巨大な彫像に守られたこの建物は、王宮を訪れる者を威圧し、畏れさせ、尊敬の念を抱かせるよう設計されています。このようにして王族は帝国の力を示していました。2017年、この場所ではジェニファー・ローレンス主演のスパイ映画「レッド・スパロー」で、モスクワの設定で撮影されました。

オーストリア=ハンガリー帝国の広場は強大な権力を誇示するようデザインされました

5番目のスポット:モーツァルトのチャーミングな石畳の通り

少し東に歩くと Dom通りが現れます。ここは狭い石畳の通りの両側に中世の建物が並び、古いアーケードに小さな店があるような魅力的な小路です。建物はウィーンの典型である白や黄色で塗られています。ここはかの有名なモーツァルトが住んでいたことで知られており、そこは現在、モーツァルト・ハウスとなっています。1974年の映画「愛の嵐」では、主人公のルチアがこの場所を訪れるシーンがあります。

この歴史ある通りにはモーツァルトも住んでいました
何世紀もの時を経た雰囲気ある狭い通り

6番目のスポット:典型的なウィーンの景色

少し北に歩くと、「愛の嵐」のもう一つのロケ地があります。Jordan通りは17世紀と18世紀の美しい建物が並ぶ珍しい形をした通りで、オーストリアが歴史や環境を守ることに力を入れてきたおかげで、非常に良好な状態に保たれています。道の幅はそれほど狭くないにも関わらず珍しく舗装されておらず、石畳で覆われているおかげで、驚くほど古い歴史の雰囲気が残されました。プロダクションがここで頻繁に制作するのも不思議ではありません!

舗装されずに残された石畳の道は時が止まったかのようです
1974年の映画「愛の嵐」はこの通りで撮影されました

7番目のスポット:迫力ある鉄の橋

最後に、運河に向かって15分ほど歩くと、ウィーンの地下鉄が走るZollamtsbrückeががあります。ドナウ支流の小さな運河にまたがり、両側のトンネルを繋いでいます。その上を斜めに交差するZollamtsstegは歩行者と自転車用のアーチ型の橋です。この二つの橋は現代の都市生活のシーンを描写することはもちろん、1世紀半前の産業革命時代のダイナミックな光景を再現するのにも利用できます。1995年の世界的に有名な映画「恋人までの距離」の中で、恋に落ちた二人が橋を歩くシーンがあります。以来、多数の映画制作に使われており、最近ではオーストリアの犯罪シリーズなどにも登場しました。

ドナウの支流をまたぐダイナミックな都市生活を象徴する二つの橋
1995年の「恋人までの距離」に登場した歩行者用の鉄橋
低い鉄橋はウィーンの地下鉄のために作られました

最後にご紹介した橋は、過去と現在を繋げているという意味で、このツアーを締めくくるのに相応しいと言えます。ここで巡った全てのスポットをお楽しみ頂けたことを願っています!インスピレーションや可能性に富んだこれらのロケ地は、ウィーンのほんの一部です。今回は特に中心部の歴史の古い地区に焦点を当ててみました。

ダウンロード中です
Zipで保存しました