都市中心部に位置するエッフェルの傑作

このブダペスト西駅はブダペストで最も象徴的な建物のひとつです。記念碑的ながらも優雅な鉄とガラスによる正面は、レンガ造りの建物の多いブダペスト中心部において際立っています。この列車駅は、1846年に開業したハンガリー最初の列車駅があった場所に、エッフェル社によって建設されました。革新的な鉄骨による構造は、蒸気機関の時代である1877年の竣工当時において、技術的な奇跡とみなされていました。この建物は、1世紀以上前の姿をほぼそのまま残しているため、ピリオド作品に理想的だと言えるでしょう。美しい鉄の構造を持つ、色彩豊かで優美なメインホールは、過去数世紀のあらゆる時点の設定で、列車駅のセットとして使うことができるでしょう。この優美なホールはハンガリーの黄金時代を思い起こさせてくれます。しかし、それにも増して素晴らしいのは、バロック様式の教会の内部にも似た、高貴できらびやかな待合室でしょう。この他にも、木造の天板、ガラス窓、大理石の床、そしてレンガの壁といった様々な建材からなる片廊下のように、軽やかで落ち着いた場所も存在します。社会主義時代の美学に基づく待合室、そして国際乗車券売り場は、カラフルなファイバーグラスの椅子のおかげで、より陽気な雰囲気を醸し出しています。この駅が、動画・写真を問わず多くの制作者に人気なのは、この多様性のおかげだと言えるでしょう。

この雰囲気のある片廊下には様々な建材が使われています
1877年の竣工当時、この鉄骨の構造は最新式の建築技術によるものでした
きらびやかな待合室はハンガリーの黄金時代の名残と言えるでしょう
風変わりなサイドホールは色彩を重視する撮影に最適です
優雅な乗車券売り場は極めて高い天井と黄土色の色調が特徴的です
黄色のグラスファイバーの椅子が据えられたこのレトロな社会主義時代の待合室は、遊び心のある屋内撮影に適しています
ブダペスト西駅

多くの重要な映画がこの列車駅をロケ地として使用しました。スティーヴン・スピルバーグは2005年の「ミュンヘン」の数々のシーンをここで撮影しました。ブラッド・ピットとロバート・レッドフォードは2001年のサスペンス映画「スパイ・ゲーム」において、ここ西駅でも共演しています。レイフ・ファインズ主演の「太陽の雫」もここで撮影が行われ、またジェニファー・コネリー主演の「エトワール」の撮影も1988年に行われました。私たちProgressive Productionsも、イギリスの服飾ブランドのBodenドイツのBrax、そしてアメリカの配送サービスであるフェデックス社のために、この特別なロケ地で幾度か撮影を行っています。

この最高のロケ地をシェアする