SQLSTATE[HY000]: General error: 1021 Disk full (/tmp/#sql_56d7_0.MAI); waiting for someone to free some space... (errno: 28 "No space left on device")

ファッションと写真

昨今のブダペストのファッション業界

ミレニアム後のハンガリー人フォトグラファー

1989年のソビエト連邦崩壊後、ハンガリーは民主国家になり、資本主義に戻りました。国境は開かれ、国の孤立は正式に終わりました。政権交代と一元化された経済・政治体制の終焉後は数多くの企業が設立され、外国人投資家が国に投資を始めました。体制返還後に既存の工場のほとんどが閉鎖されましたが、かえって業界にプラスの影響を与えるという好転がもたらされました。

1989年のソビエト連邦崩壊後、ハンガリーは民主国家になり、資本主義に戻りました。国境は開かれ、国の孤立は正式に終わりました。政権交代と一元化された経済・政治体制の終焉後は数多くの企業が設立され、外国人投資家が国に投資を始めました。体制返還後に既存の工場のほとんどが閉鎖されましたが、かえって業界にプラスの影響を与えるという好転がもたらされました。

2004年、ハンガリーは欧州連合の加盟国となり、経済の発展と知的流動性を手に入れました。多くの公共スペースが改築され、更にブダペストのカラフルな建築を改装する新しい投資も行われました。

ゲレルトの丘から見たブダペストの街

ハンガリーは国際社会に復帰した後、芸術やファッションの分野で大きな変化が訪れました。コマーシャルギャラリーが登場し、スポンサーによってGábor Arion KudászやÁdám Magyarなどの芸術家が世界的に知名度を挙げる機会が与えられました。

Vimeo

Peter Hapak撮影のティルダ・スウィントン The Room誌,2011/ 2012秋冬コレクションPhoto: Peter Hapak

国際間の流通とインターネットなどにより、広告写真家が国際市場で名声を上げることが可能になり、その結果、ハンガリーの写真家はTIME誌の契約写真家であるPéter Hapákや、 ルイ・ヴィトンの写真家のMárton Perlakiのように国際的に活躍するようになりました。 また、Perlakiは、国際的に高く評価されているハンガリーのファッション誌Roomの共同創設者兼編集者です。


ここ数年でハンガリーのファッションの役割は大きく変化し、ますます重要になっています。若い世代がよりユニークで個性的で本物の製品を切望し始めているため、大手のファストブランドに対抗するように多くの個人デザイナーの作品が市場に台頭し始めるようになりました。

Vimeo

従来のマーケティングツールの代わりにインターネットを利用することによって、これらの新進気鋭のブランドは顧客に直接対応できるため、顧客の信頼を獲得し、ブランドを信頼できるものにすることができます。またこれらのブランドがヨーロッパとアメリカのファッションウィークで数回披露されたことで、ブランドの国際的な評価が高まりました。現在、最も成功しているハンガリーのデザイナーブランドは、Nanushka、The Four、Je Suis Belleです。

Marton Perlaki撮影の Vanessa Axente Nanusha誌 春夏13キャンペーンPhoto: Marton Perlaki

ハンガリーは世界のアクティブな場所に戻りました。そこでは、進歩的なファッションとデザインの分野が急速に発展しているようですが、写真のジャンルでは国の文化においてさらに重要な役割を果たしており、常に進化しています。 

ブダペスト、この芸術に溢れた歴史ある街は年々新たな高みに達し、色彩豊かな活気のある街は、ハンガリーだけでなく世界中のフォトグラファーや国際的なプロダクションを魅了しています。

ダウンロード中です
Zipで保存しました