歴史あるガラス窓のホーム

ハンガリー最大の駅である、ブダペスト東駅は、蒸気機関車の時代である1884年に建てられました。機関車が排出する膨大な蒸気のために空間が必要だったので、この折衷様式のブダペスト東駅はこれほどまでに壮大なのです。このようなスタイルは当時のヨーロッパでは標準的なものでしたが、ブダペスト東駅は現在も19世紀当時の見事な様式を保持している数少ない駅のひとつです。なぜこの東駅が映画製作者に好まれているか、おわかりいただけたでしょうか?

ブダペスト東駅は映画や写真撮影にフレキシブルに利用でき、実働する蒸気機関車を簡単な手続きで使用することもできます
ブダペスト東駅は、2008年のヴィゴ・モーテンセン主演映画「善き人」の中で、1940年代のベルリンの鉄道駅として登場しています
フレスコ画のある、天井高さ18メートルの駅のホール
私たちProgressive ProductionsはNBCのテレビシリーズ「コバート・アフェア」の激しいスタントのある連続シーンの撮影を管理しました

2008年のヴィゴ・モーテンセン主演映画「善き人」の中でブダペスト東駅は、1940年代のベルリンの鉄道駅として登場しています。 シルヴェスター・スタローン主演映画「勝利への脱出」や、カルト的人気を誇る、マドンナ主演の「エビータ」のいくつかのシーンもこの場所で撮影されました。私たちProgressive ProductionsはNBCのテレビシリーズである、「コバート・アフェア」のエピソードの撮影をお手伝いさせていただき、ニコンのキャンペーン写真もこの駅で制作しました。

この最高のロケ地をシェアする