SQLSTATE[HY000]: General error: 1021 Disk full (/tmp/#sql_56d7_0.MAI); waiting for someone to free some space... (errno: 28 "No space left on device")

ロケーションサービス

ロケーションマネージメントのノウハウ

プロダクションサービス会社の仕事の一部であるロケーションサービス

国際的なプロダクションと仕事を共にするプロダクションサービス会社の仕事の多くは、ロケーションサービスを提供することです。いかに予算に沿ってプロジェクトの脚本や企画のコンセプトに合ったロケ地を提案出来るかが勝負となります。多くの場合は予算よりもロケ地の選定の方が重要となります。


過去数年間で、ロケーションスカウト/マネージャーの仕事は目覚ましい変化を遂げました。写真の質や共有技術、これまでにないロケーションスカウトをアシストするオンラインアプリケーションは、常に時代の先端を目指すこの分野を発展させてきました。この技術革新はプロダクションサービス会社にも多大な恩恵をもたらしました。


プロダクションサービス会社が継続的に行っているロケ地の発掘は、遠く離れた国の制作などを撮影に誘致するためのマーケティングに活用されています。最新のテクノロジーを駆使して制作側の興味を引き付けることが成功の鍵となるわけです。この記事ではプロダクションサービス会社の活動やロケ地の情報サービスがどのように統合されているか、また過去数年間にどのような技術革新が起こったか、そして将来これらの会社が直面している新しい課題について掘り下げていきたいと思います。


私たちの会社では、ロケ地を探すことが日課となっています。基本的に膨大なロケ地のコレクションの中から、さまざまなシチュエーションの作品の脚本やコンセプトを提案することによって、海外からでも気づいてもらうようアピールします。もしクライアントがそのロケ地の写真を気に入れば、撮影前に最小限、下見をするだけで済みます。このことは時間と手間をかなり省略することになります。私たちはロケ地についての詳細を把握しており、撮影に必要な段取りも分かっているため、予算を明確にし、専門的なサービスも提供することが出来ます。これにより制作の時間的プレッシャーも大幅に軽減され、すべての部門が計画通りに仕事を進めることが可能になります。

国際的なプロダクションと仕事を共にするプロダクションサービス会社の仕事の多くは、ロケーションサービスを提供することです。いかに予算に沿ってプロジェクトの脚本や企画のコンセプトに合ったロケ地を提案出来るかが勝負となります。多くの場合は予算よりもロケ地の選定の方が重要となります。


過去数年間で、ロケーションスカウト/マネージャーの仕事は目覚ましい変化を遂げました。写真の質や共有技術、これまでにないロケーションスカウトをアシストするオンラインアプリケーションは、常に時代の先端を目指すこの分野を発展させてきました。この技術革新はプロダクションサービス会社にも多大な恩恵をもたらしました。


プロダクションサービス会社が継続的に行っているロケ地の発掘は、遠く離れた国の制作などを撮影に誘致するためのマーケティングに活用されています。最新のテクノロジーを駆使して制作側の興味を引き付けることが成功の鍵となるわけです。この記事ではプロダクションサービス会社の活動やロケ地の情報サービスがどのように統合されているか、また過去数年間にどのような技術革新が起こったか、そして将来これらの会社が直面している新しい課題について掘り下げていきたいと思います。


私たちの会社では、ロケ地を探すことが日課となっています。基本的に膨大なロケ地のコレクションの中から、さまざまなシチュエーションの作品の脚本やコンセプトを提案することによって、海外からでも気づいてもらうようアピールします。もしクライアントがそのロケ地の写真を気に入れば、撮影前に最小限、下見をするだけで済みます。このことは時間と手間をかなり省略することになります。私たちはロケ地についての詳細を把握しており、撮影に必要な段取りも分かっているため、予算を明確にし、専門的なサービスも提供することが出来ます。これにより制作の時間的プレッシャーも大幅に軽減され、すべての部門が計画通りに仕事を進めることが可能になります。

所有する膨大な写真

まず、すべてのプロダクションサービス会社は、クライアントのリクエストにいつでも応えられるように、写真素材の選定をしなければなりません。撮影を始める場合、当然のことながら、多くの場合はロケーションコーディネーターや代理店に頼ることになります。これは解決策となることもありますが、悪い結果となる場合もあります。時間が勝負となる場合、仕事が早くて信頼できるロケーションコーディネーターでさえ、しばしばロケ地を見つけ出すことが遅くなることがあります。彼らが送ってくる写真が競合相手と同じものであったりすることも起こります。これには費用もかかり、もしクライアントに選ばれなければ無駄になります。それとは別の方法でインターネットを使って顧客にアプローチするプロダクションサービス会社もあります。ロケ地の詳細や写真を探し出し、様々なシチュエーションの提案など、そして地元ならではのノウハウや便利な情報を提供します。三つ目のタイプは、クライアントに迅速に対応できるよう、常に様々なタイプのロケ地を探し出し、独自の写真コレクションを持つ会社です。競合他社がまだ知らない隠れたユニークなロケ地を常に見つけ出そうとしています。

このように積極的に探し出して撮影した写真は、今までにある写真とどんな違いがあるのでしょうか?おそらく最も重要な違いは、可能な限り多方向のアングルから撮られているだけでなく、撮影監督やフォトグラファーが選ぶであろうショットもあることでしょう。多方面から視覚化することによって、同じ場所でも様々なプロジェクトへのヒントを与えることが出来ます。これなら経験の浅い人でも、これらの写真を見ればすぐに脚本に最適かどうかを見極めることが簡単になります。このため、ロケーションスカウトは制作に関する知識、経験、美術への造詣だけでなく、高品質な写真撮影のスキルも必要となります。私たちの制作会社ではしばしばプロデューサーもロケ地のスカウトを行うことがあり、そのことから写真撮影についても深い知識があります。

自社のデータベース?

独自のロケ地のデータベースを作り、定期的に更新したり修正したりするためには膨大な費用がかかります。プロダクションサービス会社がそれに投資する場合、そのデータベースの中からどれかがプロジェクトに選ばれた場合にのみ見返りがあります。代理店やロケーションコーディネーターとは違って、プロダクションサービス会社がこの高額なデータベースを(たとえば長編映画などの)プロジェクトの予算に追加することは出来ないためです。いずれにしても、多くのプロダクションサービス会社は独自のデータベースを作成することを選んでおり、またクライアントもそれを望んでいます。写真なくして写真撮影の依頼を勝ち取ることは不可能だし、それは映画製作においても同じです。この業界で経験を積んだプロデューサーなら、独自のデータベースを持つ会社から送られてきた写真は信頼できるものであり、他社に転送することもなく、情報も漏れることがないことを知っています。

データベースを制作するためのモデルやルールは開発されていませんが、その性質上、構造化され検索やアクセス可能であることが必須となります。ここ数年の技術改革は、データベースの将来に大きな影響を与えました。昨今、何年もの労力によって構築されたデータベースが技術的な欠陥により消えてしまったり、または膨大なデータベースをオフィスの一台のコンピューターで管理することの難しさなどが問題となっていました。GoogleドライブやDropboxなどのプロフェッショナルクラウドシステムの登場は、データベース開発の新しい方向性を示してくれました。大規模な技術投資をしなくとも、複雑な機能を持ち、どこからでも利用できるシステムの構築を可能にしました。

ロケ地の情報を送る方法?

オンラインファイル共有ソフトウェアの進化によって、ロケ地のコレクションの写真をクライアントに送信する方法も変わりました。ほんの数年前までは、電子メールでZIPファイルに縮小された(幅300~400ピクセル)写真を添付するのが普通でした。今日では、可能な限り最大の解像度で写真を見ることが出来るほどテクノロジーが発展しました。今では小さいサイズのファイルの圧縮なら、写真のコンテンツの中でそれほど重要ではない領域が圧縮されるため、違いがほとんど分かりません。画像の処理に理想的なクラウドシステムはすべて、同様のシステムに従ってファイルを圧縮します。これは、HTMLプラットフォームでクライアントが画像をダウンロードしなくとも、すぐに高解像度で画像を表示できる方法です。画像のダウンロードを許可するかどうかは、場所の提案ごとに決定することが出来ます。

プロジェクト開始後のロケーションマネージメント

プロジェクトが決まったら、その後の写真の選択とプレゼンテーションはとても重要になってきます。脚本やコンセプトに沿って、具体的にどのように実現出来るかのシミュレーションが必要になるからです。もしプロダクションサービス会社があまり情報がないまま、または所有者の話を聞かないままインターネットからダウンロードした写真をクライアントに送ったなら、その場所が気に入っているにも関わらず使用することが出来ないなどの状況が生まれることがあります。このような場合はどこかからダウンロードした画像はあくまで参照するのみとなっており、プロジェクトが実現する場合には更なる偵察が必須となります。しかしこのようなやり方はうまく機能しないことも多く、クライアントを遠ざけるだけです。

私たちの経験によると、外国の制作会社がハンガリーで撮影するのに次の理由があります:⑴予算の理由 ⑵自国で相応しいロケ地が見つからない、またはアクセスが困難 ⑶俳優(特に有名俳優)が特定の国に一時的にいるため。最後の二つのケースでは、入札段階でのロケ地の推薦は非常に重要になります。ロケ地のデータベースをもつプロダクションサービス会社のみがこの場合、高品質なコレクションを提示することが出来ます。

成功するかどうかは、ハリウッドの大規模な制作に独自のロケーションスカウトを送れるかどうかで決まります。あるいはこれまで誰も撮影したことがないような場所を探し出すことが出来るか。これを成功させることが、投資したエネルギーが私たちに倍になって戻って来る方法であり、もし彼らが私たちを選ばなかったなら、作品も完全に違ったものになるだろうと言えます。

クライアントが国際的な撮影のためにどのようにプロダクションサービス会社を選ぶでしょうか?答えは明らかに高品質なロケーションサービスでしょう。ほとんどの場合、作品は国外で制作することによって新しいユニークな場所で撮影出来ます。Progressive Productionsでは、Progressive Locationsと呼ばれる独立した支部が常に新しい場所の発見に取り組んでいます。ロケ地のデータベースの一部をウェブサイトで公開しており、4000以上もの画像に無料でアクセスすることが出来ます。

ダウンロード中です
Zipで保存しました