ハンガリーの最高のロケ地

ニューヨークカフェ

金細工と赤いビロードが印象的な歴史あるエレガントなカフェ

ニューヨークカフェはニューヨークパレスと呼ばれていた建物の中にあります。この折衷様式の建物はアメリカのニューヨーク生命保険会社により1894年に建てられました。この建物の1階にあるニューヨークカフェはハンガリーにとって大きな文化的価値を保有しています。このカフェは1900年代前半からハンガリーの作家、映画制作者や芸術家たちの主なたまり場となっていました。この時代の有名な芸術家たちはほとんどみなこのカフェで仕事を始め、作家には紙とインクが無料で与えられました。しかし、このカフェの雰囲気を好んだのは作家だけではありません。映画「カサブランカ」を監督した、後に「マイケル・カーティス」の名で世界的に知られることとなる映画監督、ケルテース・ミハーイも1910年代にこのカフェに頻繁に足を運んでいました。

アーノルド・シュワルツェネッガー主演の「レッドブル」やブルース・ウィリス主演の「ダイ・ハード/ラスト・デイ」のシーン撮影にこの建物が使用されました
映画芸術を専門的に扱う、ハンガリーでの最初の雑誌である「Pesti Mozi」はニューヨークカフェで創刊されました
ニューヨークカフェは、1896年に完成したブダペストの大環状線に面しており、今では通りの中央にはトラムが走っています
映画「カサブランカ」を監督した、マイケル・カーティスも1910年代にこのカフェに頻繁に足を運んでいました
数多くのリストによると、このカフェは世界の中で最も美しいカフェの一つだと言われています

アーノルド・シュワルツェネッガー主演の「レッドブル」やブルース・ウィリス主演の「ダイ・ハード/ラスト・デイ」のシーン撮影にこの建物が使用されました。

この最高のロケ地をシェアする