SQLSTATE[HY000]: General error: 1021 Disk full (/tmp/#sql_56d7_0.MAI); waiting for someone to free some space... (errno: 28 "No space left on device")

ハンガリーでの撮影

ロシアの戦車を明日までにブダペストに持ち込める?

ハンガリーへ小道具や撮影機器を免税で持ち込む方法

国際的な制作の多くは、撮影のために国外からハンガリーに小道具や機材を持ち込む必要があります。ハンガリーへはファッション写真撮影の大切な服でも、外国の自動車メーカーのコマーシャル用の最新モデルでも、すべて同じように簡単に国内に輸入できます。このシステムは、映画製作会社を支援するために特別に制定された国際協定と法律に基づいています。このシステムの全体像と、クライアントにとって免税のプロセスを最もスムーズにする方法をご紹介したいと思います。

国際的な制作の多くは、撮影のために国外からハンガリーに小道具や機材を持ち込む必要があります。ハンガリーへはファッション写真撮影の大切な服でも、外国の自動車メーカーのコマーシャル用の最新モデルでも、すべて同じように簡単に国内に輸入できます。このシステムは、映画製作会社を支援するために特別に制定された国際協定と法律に基づいています。このシステムの全体像と、クライアントにとって免税のプロセスを最もスムーズにする方法をご紹介したいと思います。

通関手帳、ATAカルネ

欧州連合内での商品の移動は無料であるため、小道具がすでにEUの領域内にある場合は、これらをハンガリーに輸送するための追加の文書などは必要ありません。ただし、商品がEU圏外から到着する場合は、適切な書類が必要になります。その中で、ATAカルネは最も便利なものです。この書類は、商品がこのプロセス全体を通じて変更されないことを条件として、協定国間で小道具や撮影機器をスムーズかつ免税で一時的に輸入することを可能にします。現在、協定を結ぶ87の国と地域で、これに申し込むことができます。それらの国のリストは以下のウェブサイトにありますが、いくつかの注目すべき加盟国は、米国、オーストラリア、カナダ、日本、韓国、メキシコ、インド、ロシア、ブラジル、中国です。

ATAカルネは、オーディオビジュアル機器、小道具、衣装、セットに必要なものなど、ほぼすべてのタイプの撮影小道具と機器をカバーしています。さらに、飛行機、車、レーシングカー、車両の試作モデル、さらには動物の輸入さえも、撮影期間中、可能になります。ただし、特別な場合、たとえば小道具で使う武器の輸入の場合などは追加の許可が必要になる場合がありますが、これについては後で詳しく説明します。

Youtube

ほとんどの場合、ATAカルネは当該国に本社を置く会社の申請によって商工会議所が発行します。公式書類は商工会議所から購入し、小道具または機器の所有責任者が記入したものを、最終的な許可を得るために指定された窓口に提出する必要があります。これにはほとんどの場合1〜2日かかります。

ATAカルネの書面には、数量、重量、金額、価値、原産国など、商品の詳細なリストが必要です。カルネは許可が下りてから1年間有効であり、必要に応じてさらに1年間延長できます。この期間中、小道具は制限なしにこれらの国の国境を行き来することができます。私たちの経験では、文書は国境でハンガリー語で提示する必要があるため、事前に翻訳してもらうことをお勧めします。クライアントまたは委託された税関でそれができない場合、Progressiveはそれらを翻訳することができますが、この場合、貴重な時間を節約するために、完成したらすぐに元の言語バージョンを私たちに送付頂くことも重要です。

税関と運送会社

ATAカルネが必要な場合は、クライアントは税関または関税コンサルティングへ委託することをお勧めします。これらの機関は、現地でスムーズにプロセスを実行するために必要な許可の取得をサポートしています。ほとんどのコンサルティング会社は関税サービスにのみ関与していますが、輸送がより複雑な大型の小道具(車、飛行機など)の場合は、管理に加えて、輸送も請け負う複合サービスを提供する会社に委託する必要があります。さらに、商品の所有者によって委託されたものを輸送する場合、国境を越える際に、所有者の署名がある承認書と検品済みのカルネを携帯しなければならないことも忘れてはいけません。

武器の輸入

先に述べたように、ハンガリーでは武器の持ち運びに厳しい制限があるため、ATAカルネは武器の輸入に関しては十分ではありません。発射できないように改造されている武器であっても、すべての場合に追加の許可が必要です。この許可は、商工会議所や税関ではなく、国境検問所の管轄区域の警察署で申請する必要があります(2004年のハンガリーの武器と弾薬に関する法律XXIV)。

さらに、武器と弾薬に関する政府法令(ハンガリー政府法令253/2004(VIII.31.))によって、それらの武器を保持または輸入するための免許や小道具武器の輸入の資格を保持していることも指定されています。Progressiveは、映画製作会社が特定の技術的制限に準拠した劇場用武器を輸入できるようにする政府法令の31項のおかげで、この基準も満たしています(政府法令の付属書22)。

「31項

(1) 劇場および伝統主義者が使用する銃の所持の許可は、劇場およびその他の公演または映画撮影の制作に従事する経済組織、および伝統主義者組織にのみ付与できます。

(2) 演劇および伝統主義者の使用については、

a) 附属書22に定められた技術的要件を満たす劇場用銃…

b) ...

許可されます。」 ハンガリー政府法令253/2004(VIII.31.)

これらの制限に従って、銃の場合、本物の弾薬が入れられないように銃身と銃口の中に取り外し不可能な狭窄を設けるよう改造する必要があります。銃身が交換可能な銃の場合、レシーバーまたはスライドに元の銃身を取り付けることができないようにしなければなりません。更に、狭窄を作って改造する場合、取れたりずれたりするのを防ぐために、接着剤、はんだ付け、またはクランプなどで固定する必要があります。また(政府法令の48項で規制されているように)、GKMの法令31/2006(VI.1.)の6項によると、 前述の技術的要件が確実に満たされていることを証明するため、輸入された武器を指定された公的機関(Civil Small Arms and Ammunition Inspection Private Limited Company)に提示することが義務付けられています。

上記の法令に基づき、前述の制限に準拠しない武器のハンガリーへの輸入は、少なくとも10年以上の経験がある兵器工および花火製造者の提供を含む企業にのみ許可されます(法令28項)。ハンガリーには何十年にもわたる映画産業の経験を持ち、法律についての正確な知識を持ち、適切な免許を持っており、撮影目的で実弾を発射するのに適していると思われる武器を輸入出来る兵器工がたくさんいます。兵器工の協力により、撮影においてはるかに広範囲の武器をハンガリーに輸入することができ、さらにそれらを修理および改造することもできます。もちろん、この場合でも、輸入された武器は上記の公的機関に提示されなければならず、違反が見つかった場合は武器の変更を要求する可能性があります。

乗り物の輸入

前述のように、映画撮影用の車両の輸入はATAカルネによって可能ですが、車両の到着後、その用途によっては、さらなる許可が必要になる場合があります。たとえば、公道で使用する場合、ナンバープレートがまだない車(試作車、またはまだ発売されておらず、工場から直接到着した新モデル)の場合、一時的なナンバープレートの申請と登録が必要です。ハンガリーにはそのような場合のための特定の種類のナンバープレートがあり、必要な書類を申請書とともに提出すれば、1営業日以内に発行することができます。必要な書類の1つは強制賠償責任保険で、もう1つは車両の十分な安全性を証明する証明書です。前者はハンガリーでも取得できますが、EUの他の国で取得した他の国際的に認められた保険も受け入れられます(例えばグリーンカードなど)。後者の書類は従来の安全性能試験をクリアしたもの、またはこれを発行できない場合は、製造元から提示された安全証明で十分です。

私たちのサービス

小道具は所有する国で管理しますが、Progressiveはアプリケーションや製品リストのハンガリー語への翻訳や、当局との連絡など、さまざまな必要なステップを支援します。更にご要望に応じて、輸送担当者との調整やコミュニケーションを確保し、撮影中の小道具の保管や安全性に配慮することもできます。プロジェクトが終了した後は、小道具の返却の手配もお手伝いします。

ダウンロード中です
Zipで保存しました