最高のロケ地: オーストリア

シュライフォーゲル通り

ウィーンの魅力的な歴史的街角

シュライフォーゲル通りはウィーンの中心部に隠れた魅力的な小路です。この小路は、数通り先に位置する、オーストリアの国立劇場であるブルク劇場の支配人の名前にちなんでいます(シュライフォーゲルはドイツ語では「モズ」という意味です)。オーストリアの首都として賑やかなウィーンとは対照的に、このわずかに上り勾配の小路は静謐な一角に位置しています。この通りには美しく歴史的である様々なオーストリアの住宅が存在します。これらは優雅な螺旋と装飾、そして屋根から突き出た楕円の窓が特徴的な典型的なバロック様式の建物です。白い壁は上品さを醸し出しています。これらは周囲の賃貸用住宅に比べるとかなり小さいですが、より装飾に富んでいます。ロマンティックなヨーロッパの雰囲気は、石畳と鉄製の手すりによって引き立てられています。

この小路の名前、シュレイフォーゲルは「モズ」と言う意味で、ブルク劇場の支配人に因んでいます
これらの美しく歴史的な建物は時代設定のある撮影に理想的です
この趣きのある小路からは、記念碑的な大学のドームが見えます
オーストリア首都の喧騒とは対照的に、この小路は静謐な一角に位置しています
このロマンティックなヨーロッパの雰囲気は、石畳の道と鉄製の手すりによって引き立てられています

この雰囲気溢れる場所は多くの映像制作者の注目を集めてきました。1949年の古典的な映画、「第三の男」はここで撮影され、90年代にも「ビフォア・サンライズ 恋人までの距離」、そしてアカデミー賞受賞のハンガリー人監督、サボー・イシュトヴァーンによる「太陽の雫」という2本の映画がここで撮影されました。私たちProgressive Productionsも、 APTのためのCMの一部分をここで撮影しています。

この最高のロケ地をシェアする