丘の上のテラスからの見下ろすブダペストの眺め

ブダの丘の上の王宮地区に位置するブダ城は1265年に完成し、ハンガリーの王宮として使われました。その後、オスマントルコに占領され、1686年に城は解放されましたが、戦闘の過程で城はほぼ完全に破壊されてしまいました。この城には素晴らしいテラス、螺旋階段とバルコニーがあり、息を呑むような街全体の風景が見渡せます。現在、ブダ城は国立美術館および国立図書館として使われています。

このブダ城はブダペストの最も有名なランドマークの一つです
素晴らしいテラスとバルコニーがあり、息を呑むような街全体の風景が見渡せます
幅の広い上り坂が王宮の西のテラスまで続いています
装飾の施された王宮の門の一つがテラスに続いています
広々とした石畳の広場はライオンの中庭と呼ばれており、美しい王宮の建物に四方を囲まれています
あのアーノルド・シュワルツェネッガー主演の「レッドブル」のシーン撮影がここで行われました
ブダ城のテラスの一つと広大な中庭を結ぶこの拱廊は、両脇を守るライオンの彫刻にちなんでライオン門と呼ばれています

あのアーノルド・シュワルツェネッガー主演の「レッドブル」のシーンの撮影もここで行われました。私たちProgressive Productionsも、NBCのドラマシリーズの「ロイヤル・ペインズ/Royal Pains 〜救命医ハンク〜」の1エピソードの撮影にこの王宮を使用しました。

この最高のロケ地をシェアする