SQLSTATE[HY000]: General error: 1021 Disk full (/tmp/#sql_56d7_0.MAI); waiting for someone to free some space... (errno: 28 "No space left on device")

ハンガリーでの撮影

ハンガリーでのスタント

ローカルスタントマンの国際的な高い評価

ハンガリーには訓練された経験豊富なスタントマンが非常に多くいます。過去数十年で、ハンガリーのスタントマンは国際的なキャリアを追求してきました。スタントコーディネーターに焦点を当てたトレーニングにより、スタントマンの強化養成が継続的に保証され、ハンガリーで撮影される数多くの国際的な映画制作などのおかげで、彼らの専門知識は常に最新のレベルに保たれています。

ハンガリーには訓練された経験豊富なスタントマンが非常に多くいます。過去数十年で、ハンガリーのスタントマンは国際的なキャリアを追求してきました。スタントコーディネーターに焦点を当てたトレーニングにより、スタントマンの強化養成が継続的に保証され、ハンガリーで撮影される数多くの国際的な映画制作などのおかげで、彼らの専門知識は常に最新のレベルに保たれています。

スタントマンのサクセスストーリー

いくつかの例を挙げると、ハンガリーのスタントマンは剣で戦ったり、深く潜ったり、接近戦を行ったり、馬を乗りこなしたり出来ます。 彼らは複数のスポーツに秀でており、1人のスタントマンが複数のタスクを実際にこなすことができるため、プロデューサーはさまざまなタイプのアクションシーンにそれぞれ別のスタントマンを選ぶ必要がありません。さらに、彼らは独創的で創造的なタスクを実行できることでも知られており、計画外の状況でも柔軟に行動することが出来ます。そのため、撮影をよりスムーズに進めることが出来るのです。

ピロシュ・ガーボールはハンガリーのスタントマンの先駆者と見なされています。これは彼がこの分野で初めて国際的な成功を収めたからです。彼は16歳のときに、コーシャ・フェレンツの1970年の映画「Judgment」で、初めてスタントマンとして参加しました。1990年に公開された、ハンガリー出身のハリウッドプロデューサーであるヴァイナ・アンドリューが制作した「トータル・リコール」は、彼に国際的な舞台への入り口を提供しました。映画の撮影中、ピロシュはアーノルド・シュワルツェネッガーと深い友情を築き、その後の映画でも共演しました。「当時、鉄のカーテンが降ろされていた時代に、世界最大のプロダクションで世界最高のスタントチームの1つに加われたことは、私にとって素晴らしい経験でした。自分の星がこんなに高く上がることになるなんて想像してもいませんでした」、とピロシュはインタビューで回想しています。

これまでにピロシュは300以上の映画でスタント出演しており、一部を挙げると「エヴィータ」(1996年、アラン・パーカー監督)、「宇宙戦争」(2005年、スティーブン・スピルバーグ監督)、トロイ(2004年、ウォルフガング・ペーターゼン監督)、「キングダム・オブ・ヘブン」(2005年、リドリー・スコット監督)、「The Mummy」(1999年、Stephen Sommers監督)などがあります。その中でも彼のお気に入りの思い出はジェームズ・キャメロン監督の「タイタニック」(1997)で、彼は撮影の間メキシコで6か月間過ごし、映画の中のスタントシーンのほとんどに参加しました。現在彼はスタントはやっていませんが、スタントコーディネーターおよびアクションディレクターとして業界で活躍しています。さらに、スタントトレーニングと呼ばれるスタントの専門学校を設立しました。2007年、彼はハンガリー映画「君の涙 ドナウに流れ ハンガリー1956

」において、世界的に最も有名なスタント賞であるWorld Stunt Awardsにコーディネート賞でノミネートされました。

Youtube スタントショー

才能あるハンガリー人のスタントマンについて述べるとき、グヤーシュ・キシュ・ゾルターンを忘れてはいけません。1996年の「ドラゴンハート」の撮影中に、彼は業界でのニックネーム「クレイジーなハンガリー人」と命名されました。彼ははじめ、世界中からやって来る、命にかかわるジャンプをするスタントマンたちの1人でした。しかしあるシーンで、彼は30メートルの高さの城壁から飛び降りなければなりませんでした。狭い中庭に設置された小さなエアバッグに着地しなければなりませんでしたが、そのすぐ後ろに80メートルの深い穴があったため、スタントを更に危険なものにしていました。ジャンプは非常に正確に行われなければならず、彼はそれを見事成功させました。キャリアを通じて、ゾルターンはアントニオ・バンデラス、マドンナ、エディ・マーフィーなどの俳優と仕事をしてきました。そして現在、スタントコーディネーターとして働いており、ハンガリーのスタントアカデミーの創設者としてスタント界をリードしています。

 

現在、パールダーニ・ドモンコシュはハンガリーで最も活躍しているスタントコーディネーターの1人です。ピロシュ・ガーボールの教え子としてキャリアをスタートさせ、次世代の最も優れたスタントマンになりました。彼が出演した数え切れないほどの国際的な作品の中で最も注目すべきは、ブラッド・ピットのスタントとして出演したウォルフガング・ぺーターセン監督のトロイ(2004年)です。2013年、ドモンコシュと彼が調達したハンガリーのスタントチームは、Best Television Stunt Teamの部門で映画俳優組合賞を受賞しました。「ゲーム・オブ・スローンズ」でのパフォーマンスが認められ、個人の振り付けを必要とする無数のシーンや大規模な戦闘シーンに参加しました。チームは長年一緒に働いており、「キングダム・オブ・ヘブン」(2005年、リドリー・スコット監督)、「第九軍団のワシ」(2011年、ケヴィン・マクドナルド監督)、47RONIN(2013年、カール・リンシュ監督)、「ダイ・ハード/ラスト・デイ」(2013年、ジョン・ムーア監督)、「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」(2008年、ギレルモ・デル・トロ監督)、「007 スカイフォール」(2013年、サム・メンデス監督)、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」(2015年、J・J・エイブラムス監督)などの映画で活躍しました。

Youtube ハンガリー人が参加した「ゲーム・オブ・スローンズ」での戦闘シーン

当然、今までに述べたスタントコーディネートは、ハンガリーが提供出来るもののごく一部にすぎません。スタントマンは、スタントダブル、パルクール、スタントドライバー、クリーチャーワーク、スタントアクター、階段を激しく落下したり車の衝突、またはロケットのように打ち上がるスタント、ファイヤースタント、バイクスタント、ワイヤーワーク、パラシュートスタント、スタントファイターなど各分野でのプロがおり、そのためタスクの性質に基づいてスタントコーディネーターを選択するのが良いでしょう。

ハンガリーで撮影したスーパープロダクションでのスタントマン

過去数年間、複雑なアクションシーンが多い国際的なプロダクションは、ブダペストの多様なロケ地映画助成制度に依存してきました。これらの中から、大規模なハリウッド映画のほんの一部を紹介したいと思います。「アトミック・ブロンド」(2017年、デイビッド・リーチ監督)、「レッド・スパロウ」(2018年、フランシス・ローレンス監督)、「ザ・スパイ・フー・ダンプト・ミー」(2018年、監督スザンナ・フォーゲル)、「インフェルノ」(2016年、ロン・ハワード監督)、「スパイ」(2015年、ポール・フェイグ監督)、「フッド: ザ・ビギニング」(2018年、オットー・バサースト)。これらの映画では、ハンガリー人のスタントがスタッフと制作の大部分を占めています。

ドウェイン・ジョンソン主演の2014年の映画「ヘラクレス」もハンガリーで撮影されました。この映画には、ハンガリーの何百人ものスタントマンとエキストラのコラボレーションで撮られた大規模な戦闘シーンがあります。パールダーニ・ドモンコシュはハンガリーのスタントコーディネーターの一人でした。映画の各戦闘シーンは、時には最大数週間、多くの場合12〜14時間で撮影されます。準備のために、彼らは1か月間のトレーニングキャンプを開催しました。コーディネーターは、古代のトラキア人の動きを、大きな盾、長くて重い槍と剣などを使って戦闘形態をさまざまなグループおよび個々に教えました。映画でハンガリーのスタントマン達はタイトルキャラクターと一緒に戦う兵士の中核を形成しています。さらに、スタミナがある数百人のエキストラが選ばれ、元ハンガリー軍の軍曹と英語のアームインストラクターによって、バックグラウンドファイターとしての訓練と準備を長い期間行わなければなりませんでした。

Youtube ヘラクレス(2014年)の戦闘シーン

「ヘラクレス」の後、ハンガリーで別の大規模な国際的なプロダクションの撮影がありました。これはジョン・ムーア監督、ブルース・ウィリス主演の「ダイ・ハード/ラスト・デイ」(2013年)です。アクション満載の人気シリーズの5作目は、以前の作品に比べても見劣りありませんでした。ダウンタウンでのカーチェイスや軍用車両の使用、建物の大爆発など、あらゆるシーンが数か月に渡って撮影されました。ハンガリーで撮影されたアクションシーンでは、主にハンガリーのスタントリガーの専門知識を活用して、衝撃、落下、着陸、ジャンプを正確かつ安全に行うことが出来ました。さらに、カーチェイスのシーンでは、スタントマンは多くの注意を払わなければなりませんでした。なぜなら映画に登場する軍用車両は、綿密な計画にも関わらず、しばしば計画通りに動作しなかったからです。

このような困難なプロジェクトを実行するのに十分な環境を提供できるブダペストは、専門知識とサービスが充実していることを証明しています。「ダイ・ハード/ラスト・デイ」の場合、モスクワのカーチェイスのシーンを撮影するために、ブダペストの街の一部を閉鎖してMI-26軍のヘリコプターを上空に飛ばしました。

Youtube ダイ・ハード/ラスト・デイ」

映画製作者にとって優しいブダペストのメンタリティを経験したのは、「ダイ・ハード」の撮影スタッフだけではありません。ドイツのテレビシリーズ「アラーム・フォー・コブラ11」の主演俳優、エルドゥアン・アタライも同様でした。ハンガリーを舞台にした人気シリーズのエピソードは、国会議事堂に面したアルコトマーニ通りで撮影しました。アタライは、国会議事堂の目と鼻の先で大規模な撃ち合いなどのアクションシーンを撮影できることの利点を大いに評価しました。

ハンガリーは、多様なアクションシーンを撮影するために必要なさまざまな条件と欲求に応えることができます。カーチェイス、市内中心部での爆破、戦闘、さらには数百人のスタントマンを使った歩兵や騎馬兵の戦いなどです。ここでの撮影では、ハンガリーのスタントマンが台本や創造的なコンセプトが必要とする可能性のあるあらゆる種類のタスクを簡単に実行できると断言できます。大規模なプロダクションの一貫した連携のおかげで、彼らの経験は絶えず発展しており、プロダクションが持つ可能性のあるあらゆるタイプの要件に対応することが出来ます。

ダウンロード中です
Zipで保存しました