ハンガリーの最高のロケ地

ブダペスト国立西洋美術館

絵画に彩られた巨大な大理石のホール

ブダペスト国立西洋美術館は英雄広場に面しており、広場を挟んで向かい側にはブダペスト現代美術館があります。この美術館は1906年にフランツ・ヨーゼフ一世によって落成されました。建築様式は折衷的で、外観は新古典主義様式、内観はネオ・ルネッサンス様式となっています。当時はハンガリー貴族や聖職者たちによるコレクションのみを展示していましたが、今日ではラファエロ、レオナルド、レンブラントやモネといった大画家の作品も展示されています。幅広い階段は、古代ギリシャの建物に似た12本の巨大な新古典主義様式の柱によって縁取られた入り口に通じており、上部にはレリーフが施されたティンパヌムが位置しています。内部の部屋やホールの多くは古風な柱や大理石の床が印象的な雄大な空間となっています。

広々とした入り口には12本の新古典主義様式の柱があります
美術館の協力により、動画や静画撮影に利用することが可能です
建物内部の部屋やホールは、古風な柱や大理石の床が印象的な雄大な空間となっています
この建物は、ブルース・ウィリスの主演作、「ダイ・ハード/ラスト・デイ」のシーン撮影にも使われました
拱廊と大理石の柱はとても特別な雰囲気を醸し出しています

この豪華な建物は撮影に利用可能です。ブルース・ウィリス主演映画「ダイ・ハード/ラスト・デイ」のシーン撮影にも使われました。

この最高のロケ地をシェアする