Innovation for - テレビCM

コニカミノルタ

「私のCM撮影における、あなたたちの数週間におよぶご苦労に感謝しています。あなた方のスタッフはたいへん素晴らしく、芸術的センスも持ち合わせており、そのおかげで撮影はスムーズに進行しました。たいへん短い期間でしたが、とても感謝しています。Zoltanとハンガリーのスタッフという素晴らしい人々に恵まれて、私たちはなんと幸せなことでしょう!」
柳原一太 - 制作総指揮, パドル株式会社.

若いデザイナー――たぶんファッションデザイナー?――の一日はどのようなものなのでしょうか?これがこのコニカミノルタのCMのコンセプトです。私たちは、東京を拠点とするパドルがブダペストでこのプロジェクトを制作するために私たちを選んだ事に対してたいへん興奮していました。

若いファッションデザイナーの一日

本物のデザイナーの本物の作業場をCMの舞台として使用しました

このCMの企画者たちのビジョンは、ファッションデザイナーの日々の生活をできるだけ正確に描き出すというものでした。そういうわけで、CMには本物のデザイナーのオフィスが登場します。主役の机も本物のデザイナーの所有物で、彼女よって実際に使われています。一体感を損なわないためにテーブルの配置さえも変えていません。その本物のデザイナーであるシュメギ・レーカ(SÜMEGI Réka, POPO Team)はこの制作に美術監督として携わり、CMに登場する小道具は彼女が実際に日々の仕事で使うものとなるよう気を配ってくれました。

私たちのロケーション部門は撮影のために十分な選択肢を提供しました

このプロジェクトでで最も重要なポイントは完全なロケ地でした。台本を受け取るやいなや、私たちのロケーション部門(Progressive Locations)は作品の舞台として使えそうなデザイナーの作業所を探し始めました。そしてヘインリヒ・デザインレベル(Heinrich Design Level)という開かれた大きな作業所を見つけました。そこでは若いデザイナーたちが大きな建物のひとつの階全体を共同利用しています。このようにたくさんの若いデザイナーたちがひとつの場所で働いているところは、他のどんなヨーロッパの国でも見つけることはできないでしょう。私たちの同僚たちは、数時間でこの場所を探し出し、掘り出し物を発見したことをすぐに悟りました。ヘインリヒのバラエティに富んだ部屋とデザイナーたちのグループは、撮影のために幅広い選択肢を提供し、またこれは私たちのクライアントがブダペストでの制作を決断することへと繋がりました。

私たちのキャスティング部門はクリスティナを主演として抜擢しました。彼女は動画での演技経験がなかったにも関わらず、見るものすべてを魅了しました

2つ目に重要なポイントは、デザイナーを本物らしく演じることができ、またその人となりを通して観衆を魅了することができるような、理想的な女優を見つけ出すことにありました。私たちのキャスティング部門(Progressive Talents)は、最適な女優を探し出すためにあらゆる手段を尽くし、またテレビ・映画での出演経験がなくとも応募可能なオーディションの募集をかけました。その応募者の一人だったクリスティナは、舞台での演技経験しかなかったにも関わらず、見るものすべてを魅了しました。彼女は、彼女のポテンシャルを即座に見ぬくことのできた私たちのスタッフにより発掘されました。

コニカミノルタのテレビCMシリーズ「Innovation for」の「テキスタイルデザイナー篇」のキャストとスタッフです

コニカミノルタの“Innovation for”は私たちが日本の制作会社と共に制作した最初の作品であり、私たちはこのようなプロジェクトに関わりたいと強く願っています。ハンガリーの多くの制作アシスタントが日本語を流暢に話せること、そしてこれにより言葉の壁を越えて簡単にコミュニケーションをとることができることなど、私たちにとっては想像だにしないことでした。

クレジット

あなたたちの新しいプロジェクトについて、そして私たちがどのようにお手伝い出来るのか、是非お聞かせください。
お問い合わせ先:
info@progressiveproductions.eu