オーストリアでの撮影

オーストリアでの映画スタッフの雇用

専門スタッフの利用可能性、経験、そして雇用契約条件について

近年、ユニークなロケ地と素晴らしいインフラのおかげで、オーストリアはヨーロッパで最も好まれ、需要に柔軟に対応できる映画の撮影地となりました。ここ数年の間に、「007 スペクター」「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」「黄金のアデーレ 名画の帰還」をはじめとする、数多くの大規模なハリウッド映画のロケがオーストリアで行われました。.


オーストリア都市部のロケ地はその比類ない美しさと、未だに映画制作で使い古されていないという新鮮さのおかげで、高い名声を誇っています。自然のロケ地は、極めて優れたインフラと、撮影に必要な経費が国際的にも手ごろなおかげで、特に魅力的だといえるでしょう。


しかし、オーストリアは映画制作の中心地ではなく、国際的な制作プロジェクトに対する要求を常に満たせるわけではないことを指摘しておかなくてはなりません。国際的な制作プロジェクトがオーストリアで撮影する理由は、オーストリア独特のロケ地の魅力にあります。ですから、プリプロの段階では次のような質問が常に提起されます。「オーストリアではどのような職種でどのような能力を持ったスタッフが利用できるでしょうか?」

近年、ユニークなロケ地と素晴らしいインフラのおかげで、オーストリアはヨーロッパで最も好まれ、需要に柔軟に対応できる映画の撮影地となりました。ここ数年の間に、「007 スペクター」「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」「黄金のアデーレ 名画の帰還」をはじめとする、数多くの大規模なハリウッド映画のロケがオーストリアで行われました。.


オーストリア都市部のロケ地はその比類ない美しさと、未だに映画制作で使い古されていないという新鮮さのおかげで、高い名声を誇っています。自然のロケ地は、極めて優れたインフラと、撮影に必要な経費が国際的にも手ごろなおかげで、特に魅力的だといえるでしょう。


しかし、オーストリアは映画制作の中心地ではなく、国際的な制作プロジェクトに対する要求を常に満たせるわけではないことを指摘しておかなくてはなりません。国際的な制作プロジェクトがオーストリアで撮影する理由は、オーストリア独特のロケ地の魅力にあります。ですから、プリプロの段階では次のような質問が常に提起されます。「オーストリアではどのような職種でどのような能力を持ったスタッフが利用できるでしょうか?」

オーストリア現地の映像産業はテレビドラマやドキュメンタリーの分野に特化していますから、これらのジャンルで日常的に業務を行っているスタッフを見つけることは容易いでしょう。もちろんオーストリアでも映画の制作は行われていますから、制作プロジェクトに必要なスタッフや、世界水準の照明設備、ポスプロ作業のためのスタジオも利用することができます。スタッフの大多数には国際的な経験があります。というのも、最初に国外で経験を積み、後にオーストリアでポストを見つける、というのがオーストリアの映像スタッフにとっての典型的なキャリアだからです。彼らの多くは高度な英語を流暢に話すことができます。少なくとも、英語で最低限のコミュニケーションを取れないようなスタッフは存在しないでしょう。

Youtube

オーストリアは、映画制作の中心地として知られるハンガリーやドイツのような国に接していますから、制作プロジェクトに多数のスタッフを召集しなければならない場合にも対応することができます。これらの国から、スタッフだけでなく、制作に必要とされる設備をレンタルすることもできます。ただし、オーストリア国外のスタッフを雇用する場合、オーストリアの映画組合の規則を考慮する必要があります。

カメラや照明設備のレンタル

カメラや照明設備のレンタルに関して、二つの重要な設備があります。ウィーンとチロル地方のインスブルックです。


インスブルックには、コストパフォーマンスが高く小規模の制作プロジェクトに適した機材をレンタルする会社があります。彼らは、テレビドラマやCMに必要とされるような設備やスタッフを提供しています。


より大規模な国際的な制作プロジェクトに関しては、ウィーンの会社、またはより多様な設備を保有するミュンヘンの会社にコンタクトすることが望ましいです。ウィーンのARRI RentalErnst Dangl、そしてPeter Dopplingerは撮影用機器のレンタルを取り扱っており、大規模なCMでの使用にも視野に入れたカメラや電子機器を幅広く取り揃えています。また、オーストリアの会社はドイツの会社と協力することでその欠点を補っています。例えば、ウィーンのARRI Rentalはミュンヘンの映画産業の中核企業と緊密に連携しており、特殊なリクエストにも対応することができるでしょう。


オーストリアでは優れた撮影用グリップとSFXが利用可能です。山岳河岸や森林でエキサイティングなカメラワークを行うための数多くの特別な技術的設備が利用可能です。例えばカメラを車やヘリコプターに据え付けたり、木の間に張られたロープから吊り下げたり、というように。また、パイロテクニクスを含むほとんどの特殊効果も利用することができますし、スタントパーソンを見つけることもできるでしょう。現地のスタッフは「007 スペクター」やアンジェリーナ・ジョリー脚本・監督作品である「白い帽子の女」などのアメリカ映画の制作に参加した経験があります。.

Youtube

美術部門

ウィーンでは、経験豊富でクリエイティヴなプロダクションデザイナーや美術監督を見つけることは容易です。これは、映画文化に加えて、オーストリアが持つ素晴らしい劇場やオペラ文化によるものです。オーストリアでは、最高のプロフェッショナルたちが集う美術部門は独立した組織となっています。


オーストリアの撮影用道具を扱う数多くの店はアクセス性に優れています。いくつかの店は完全にデジタル化されており、オンラインで撮影用道具のレンタル手続きを行うこともできます。ウィーンには二つの大きな撮影用道具のレンタル会社があり、家具や撮影用の大道具まで、あらゆる制作プロジェクトに必要なあらゆる種類の道具を提供しています。


衣装のレンタルに関しては、非常に簡単に手配することができます。例えば、最大の衣装レンタル会社のひとつは、あらゆる時代からの計25万着の衣装を保有しています。衣装のレンタルに加えて、オーストリアには数多くの才能あるフリーランスの衣装デザイナー、ドレッサーやスタイリストがいますから、彼らと共同で制作することも可能です。

Youtube

オーストリアのメイクアップ部門は国際的な水準にあり、オーストリアで撮影される国際的な制作プロジェクトにおいては、通常オーストリアのメイクアップ・アーティストが起用されています。この分野で最も有名なオーストリア人はダニエラ・スカラで、彼女は「グランド・ブダペスト・ホテル」、「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」や「ミケランジェロ・プロジェクト」のような映画で特殊メイクにも携わりました。

キャスティング

オーストリアの数多くのキャスティング事務所やモデル事務所は、テレビ、CMや映画の撮影のために出演者を提供しています。


キャスティング事務所を介することで、実際の制作プロジェクトの需要に沿って、数百人のエキストラや、特別な容姿や技能を持ったキャストを動員することができます。


もしお望みの種類のキャストが不足している場合、ハンガリーのキャストを利用して穴埋めすることができます。ハンガリー人キャストの外見の多様さ、そして世界的名声を誇るスタントパーソンは、オーストリアでの制作プロジェクトをいつでも補助することができます。私たちProgressiveはハンガリーにも事務所を構えているので、あなたが必要とするキャストを簡単に提供することができます。

映画制作者の利益と彼らの労働協約について

オーストリアには、映画制作者を代表し、彼らの権利の保護と発展を目的とする組合が存在します。


オーストリア映画製作者協会はオーストリアの映画制作組合を束ね、オーストリアを映画産業の活発な中心地にすること、そしてこの業界で働くオーストリアの労働者の文化政治的、社会的、そして経済的な状況を改善することを目的としています。


ディレクター(ADA)、俳優(VÖFS)、撮影監督(AAC)、ドキュメンタリー制作者(dok.at)、メイクアップアーティスト(VFMÖ)は、それぞれ独自の組織を持っています。これらの組織は、同様の関心を持つ他の組合との、国内外の制作プロジェクトもしくは定期的な会合を通じた連携を重要視しています。

オーストリアの映画組合は、オーストリアの映画・音楽産業の職業組合であるyounion – Die Daseinsgewerkschaftのように、オーストリアの労働市場と雇用に大きな役割を果たしています。彼らは、他の国の同様の組合と比較すると、極めて大きな影響力を持っています。

Youtube

雇用者の利益を代表することに加えて、オーストリアの映画組合は年に一度、雇用主と労働協約に関する交渉を行っています。映画制作者の労働協約に記されているあらゆること(例えば給与の支払いと労働時間)はオーストリアで制作されるあらゆる制作プロジェクトにおいて遵守されなければなりません。

被雇用者の最低賃金は労働協約によって定められています。この額を下回る賃金でスタッフを雇用することは法律によって禁じられています。映画制作に従業する者の法定労働時間は週40時間ですが、被雇用者の了承のもとに変更することが可能です。通常、勤務日の労働時間は(昼食休みを含まない)8時間ですが、撮影の予定にあわせて、拘束時間を休憩を含めて全体で9時間とすることもできます。オーストリアの労働時間に関しては、柔軟性があると言われていますが、労働協約には超過労働時間に関する特別な規定があります。


超過労働に関しては、通常の労働時間を超える最初の2時間は賃金を5割増しで支払わなければなりません。更にこれを超える労働に関しては、賃金は10割増しとなります。また、規定時間内の賃金についても、労働時間が午前6時以前の場合は10割増し、午前0時を越える場合においては5割増しになります。土曜日における5時間を越える労働や、日曜日と祝日における労働の場合、追加の賃金に加えて有給の代休を保証しなければなりません。


撮影の際の移動に関しても特別な法律があります。これは、被雇用者が、通常の勤務地から3時間以上離れて労働する場合に適用されます。列車で移動する場合、労働時間は列車が駅を出発した時間と再び絵駅に到着した時間から算定されます。車で移動する場合、会社の所在地を出発した時間とそこに再び到着した時間から算定されます。

付記

オーストリアは駆け込みで制作を行えるような国ではありません。これは事務的手続きの締め切り(例えば撮影許可申請の締め切り)のためだけでなく、スタッフをブッキングする都合のあめでもあります。思い立ったらすぐ撮影、というようなことはほぼ不可能です。例えば、大規模なCMの制作には4週間の準備時間が理想的です。これだけの時間が与えられるのならば、全ての必要な許可は得られるでしょうし、また最高のスタッフを撮影に動員することができるでしょう。

このページをシェアする

その他のインサイト