オーストリアの最高のロケ地

シュトューバイ氷河

一年中雪に覆われた凍てつく氷河

オーストリアが誇るシュトゥーバイ氷河は、あらゆるレベルのスキーヤー向けのコースがあるオーストリア最大の氷河スキーリゾートの本拠地です。ここは一年を通して雪に覆われているため、スキーやスノーボードを楽しむヨーロッパの人々にとても人気があります。氷河の谷は、美しい山に囲まれたドラマチックなパノラマです。標高が3,000メートルを超える高地には、スキーヤーとハイカーのためのケーブルカーでもアクセスできます。インスブルックから車でわずか1時間のところにあるため、映画や写真撮影の制作も容易に実行できます。安定したインフラや気象条件により、映画製作者は一年中冬景色で撮影することが可能になり、計画を大幅に簡素化することが出来ます。ヨーロッパの他の場所ではこのようにアクセスが良く条件がいい場所はないため、ここのユニークな特長となっています。

シュトューバイ氷河は夏の間でも冬景色を見ることが出来ます
シュトューバイアルプスの頂上からは3000メートルから眺める素晴らしいパノラマを見渡せます
スキー場には世界中からたくさんのスキーヤーが訪れます
The Red Bull Media’s Passengerが制作したスキー映画はここで撮影されました
オーストリアアルプスのこのエリアはボリウッド映画にとっても貴重なロケ地です
シュトューバイ氷河 Street View

この素晴らしいロケ地は、多くの国内外のプロダクションで撮影に利用されています。たとえば、2019年には、日本の航空会社ANA向けにここで撮影されたコマーシャルが受賞しました。氷河スキー場のトラックを滑り降りる日本の障害者スキーヤーが登場します。別の作品は、2015年に公開されたRed Bull Media Houseがプロデュースした「Passenger」というスキー映画です。この4Kスポーツムービーでは、受賞歴のあるスポーツマンが世界各地でベストを尽くしており、特にオーストリアのトップスキー場、シュトゥーバイ氷河に焦点を当てています。最も高価なボリウッド映画の1つである2019年のインド映画「サーホー」のワンシーンは、シュトゥーバイ氷河とチロル山岳の高さ3210 mの展望台で撮影されました。これらのショットの多くは、映画に付随して作成された歌手のEnni Soniのミュージックビデオでも使用されました。Progressive Productionsのチームは、アブダビ国営石油会社(ADNOC)のコマーシャルの撮影にも協力しました。制作は夏に行われましたが、氷河のおかげでアルプスの冬に設定することができた素晴らしい例でした。

ダウンロード中です
Zipで保存しました