ハンガリーの定番ロケ地

トゥラのショスベルガー邸

ひっそりとたたずむおとぎ話のような幽霊屋敷

このミステリアスなおとぎ話に出てくるような大邸宅は、ブダペストで最も裕福な貿易商のひとつである、ショスベルガー家によって建てられました。一家が破産した後、この建物は様々な人の手に渡りました。第二次世界大戦中はドイツ軍、後にはソ連軍の司令部として使われました。この建物は2005年までは文字通り放棄されていましたが、改修が行われた今ではいつでも訪れることが可能です。とてもユニークな雰囲気を誇る大邸宅として、多くの映像制作者に好まれています。

アンジェリーナ・ジョリー監督作品「最愛の大地」のシーン撮影の多くがここで行われました
ショスベルガー邸の薄気味悪い廊下とそこに差し込む自然光は素晴らしい光景を織りなしています
建物そのものの美しい質感は、その荒れた外観と共に、ゴシック的な雰囲気を作りあげています
このミステリアスなおとぎ話に出てくるような大邸宅は、ブダペストで最も裕福な貿易商によって建てられました
私たちProgressive ProductionsはNow Magazine誌のエディトリアル写真の撮影、Damyllerのカタログ写真のプロデュースをここで行いました

この城はメリーウェザー邸として2008年の映画「ムーンプリンセス 秘密の館とまぼろしの白馬」に使われました。また、アンジェリーナ・ジョリー監督作品「最愛の大地」のシーン撮影もここで行われました。私たちProgressive Productionsは雑誌Now Magazineのエディトリアル写真の撮影Damyllerのカタログ写真のプロデュースをここで行いました

この最高のロケ地をシェアする